ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障害福祉課 > 【受付終了、2/6~配信】きこえに関する講座の開催について

関連分野

更新日付:2023年1月31日 障害福祉課

【受付終了、2/6~配信】きこえに関する講座の開催について

 当講座は、子育てやお仕事で忙しいお母さんやお父さんでも参加しやすいよう、オンデマンド配信で実施します。配信期間中であれば、スマートフォンやタブレットから、繰り返しご覧いただけます。
 一つ一つの動画は短時間ですので、ぜひご気軽にご視聴ください。

概要

ろう・難聴児の言語・コミュニケーション手段の発達・獲得を円滑にするためには、乳幼児期における言語の獲得が重要です。乳幼児期は、家族等との触れ合いの中で言葉を覚えていく時期であり、乳幼児が言語としての手話を獲得するためには、家族等も手話を習得する必要があります。そこで、ろう・難聴児の家族等の身近な方々も共に手話を習得していくためのきっかけづくりを目的として、当講座を開催することといたしました。

日時

令和5年2月6日13時~令和5年2月20日12時

実施方法

オンデマンド配信(YouTube限定公開)

対象者

(1)ろう・難聴児
(2)ろう・難聴児の家族
(3)保育・教育機関関係者
(4)きこえや手話に興味のある方

※当講座における「難聴児」とは、身体障害者手帳の所持に関わらず、聞こえに不安のある児をさします。

参加料

無料

プログラム

聞こえの仕組みについて

松原 篤様(弘前大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座 教授)

弘前大学医学部附属病院は、新生児聴覚スクリーニング検査の結果、リファーとなったお子さんの精密聴力検査を実施している医療機関です。医学的な側面から、聞こえの仕組み等について、ご講義いただきます。

心理発達(人格形成)からの手話言語について

河﨑 佳子様(神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 教授)

心理発達(人格形成)からの手話言語についてご講義いただきます。また、大阪府乳幼児期手話言語獲得支援事業「こめっこ」の活動内容についてもご紹介いただきます。NPOこめっこ様のご協力により、 2020年度 大阪府手話言語条例シンポジウムにて公開された、「心理発達(人格形成)について」も、ご視聴が可能です。ぜひ、併せてご視聴ください。

きこえに不安のある子の子育てにあたって先輩ママから伝えたいこと

中野 恵子様(当事者保護者)

きこえに不安のある子の子育てにあたって、これまで体験したことや思い等、当事者家族の立場からご講演いただきます。

実際に子育て中に使用した、お子さんとのコミュニケーションで活用できる手話単語もご紹介します。
(協力:一般社団法人 青森県ろうあ協会)

青森県手話言語条例について

青森県健康福祉部障害福祉課

青森県の特別支援教育について

青森県教育庁学校教育課

参加申込み(受付終了しました)

申込み方法

以下のQRコードを読み取るか、こちらのサイト<リンクはこちら>からお申込みください。
※Microsoft Formsにリンクします。

QRこーど
QRコード
  • お申込みを受け付けますと、ご入力いただいたメールアドレスへ自動受付完了メールが送信されます。受付完了メールが届かない場合は、「ご入力いただいたメールアドレスに入力誤りが生じている」「迷惑メールフィルター機能でブロックされている」等の可能性がございますので、ご確認ください。なお、ご確認いただいても、受付完了メールが届かない場合は、お問い合わせください。
  • 動画公開の準備ができましたら、登録いただいたメールアドレスあてに、視聴用のURLをお送りします。
  • オンライン配信の録音・録画・キャプチャ・スクリーンショット、またそれらの配布等の行為は禁止します。
  • いただいた個人情報については、この催し(事後アンケート含む)以外の目的に使用することはありません。

申込締切

令和5年1月30日(月)まで

問い合わせ先

青森県障害福祉課 社会参加推進グループ
TEL:017-734-9309
FAX:017-734-8092

アンケートについて

配信期間終了後、お申込みいただいたメールアドレスあてに、アンケートフォームをお送りします。
今後の青森県障害者意思疎通手段・手話言語普及啓発推進のために、ぜひご協力くださるようお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課 社会参加推進グループ
電話:017-734-9309  FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする