ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障害福祉課 > 青森県手話言語条例

更新日付:2020年7月6日 障害福祉課

青森県手話言語条例

平成23年8月に改正された「障害者基本法」では、手話が言語として位置づけられ、全ての障害者が可能な限り、言語やその他の意思疎通のための手段の選択の機会が図られることが規定されています。
本県においては、令和2年3月27日に手話を含む全ての障害者の意思疎通手段についての利用の促進を図るため、「青森県障害者の意思疎通手段の利用の促進に関する条例」が公布・施行となりました。
さらに、意思疎通手段の中でも、手話は音声言語とは異なる独自の言語体系を有する言語であり、言語としての手話についての理解とその習得の促進を図るため、「青森県手話言語条例」を制定し、令和2年7月6日に公布・施行されました。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課 社会参加推進グループ
電話:017-734-9309  FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度