ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障害福祉課 > 発達障害関連について

関連分野

更新日付:2022年8月23日 障害福祉課

発達障害関連について

【終了】「青森県子どもの発達支援ガイドブック」活用研修会について

以下のとおり研修会を開催しました。たくさんの支援者の皆様に御参加いただきました。ありがとうございました。



令和4年3月、弘前大学と共同で「青森県子どもの発達支援ガイドブック」を作成しました。
今般、本ガイドブックの活用ポイントを学び、支援の実際につなげることを目的とした研修会を開催します。

  • 日時:令和4年8月22日(月)13時30分~15時30分
  • 方法:オンライン(zoom)
  • 対象:保育関係職員、学校関係職員、児童会関係職員、児童発達支援職員、放課後等デイサービス職員、行政職員等子どもの発達支援又は保護者への子育て支援に関わる方
  • 講師:弘前大学大学院保健学研究科 教授 斉藤 まなぶ 氏

発達障害者支援センター

県では発達障害者支援法に基づき、次の3か所の施設を発達障害者支援センターとして指定しています。

各センターの紹介

各センターの管轄

aomori

主な業務内容

・発達障害児(者)及びその家族等に対する相談支援
・発達障害児(者)及びその家族等に対する発達支援
・発達障害児(者)に対する就労支援
・関係施設及び関係機関等に対する普及啓発及び研修

乳幼児期の支援に関する情報

青森県子どもの発達支援ガイドブックを作成しました(令和4年3月)

 県では、国立大学法人弘前大学と共同で、子どものたちの「気になる」行動に応じた適切な対応を促すために令和4年3月に「青森県子どもの発達支援ガイドブック」を作成しました。
 本ガイドブックは、子どもたちの行動を踏まえた具体的な対応のヒント、発達障害の概要や保育所等での組織的な対応方法等のほか、就学相談や様々な支援サービスを利用するまでの流れ等分かりやすく説明しています。
 日常的に乳幼児の発達に関わる保育支援者等を対象にしておりますが、日々保護者に子育てのアドバイスを行う保健師や教育関係者等も活用できる内容となっております。
 ガイドブック作成に当たっては、青森県子どもの発達支援ガイドブック編集委員会委員より専門的かつ幅広い意見をいただきました。
 本ガイドブックが、子どもたち一人ひとりが自分らしく成長でき、保護者にとっても安心して子育てできる社会になるための一助となれば幸いです。

発行:青森県発達障害者支援センター「ステップ」
監修:国立大学法人弘前大学/青森県

就学期の支援に関する情報

青森県教育委員会では、特別支援教育に関する情報や就学相談・教育相談に関する情報等を以下のサイトで情報発信しています。
○青森県特別支援教育情報サイト

青年期・成人期の支援に関する情報

発達障害者支援センターで相談を受け付けているほか、以下支援機関においても相談支援を実施しています。また、厚生労働省ホームページでは発達障害者の就労支援について情報発信しています。

その他発達障害児者支援施策

  • 青森県発達障害者支援地域協議会

    県では、発達障害児者について乳幼児期から成人期までの各ライフステージに対応する一貫した支援体制を図ることを目的に、県発達障害者支援地域協議会を設置しています。

その他情報提供

  • 発達障害ナビポータル

    発達障害ナビポータルは、国が提供する発達障害に特化したポータルサイトです。発達障害に関する信頼のおける情報を皆様に提供しています。
  • 発達障害・情報支援センター

    発達障害に関する最新かつ信頼できる情報尾収集・分析し、ご本人・ご家族、全国の発達障害者支援機関及び一般国民に対して広く普及啓発活動を行うことを目的として、国立小医者リハビリテーションセンター内に設置しています。
  • 発達障害教育推進センター

    発達障害のある子どもの教育の推進・充実に向けて、発達障害に関わる教員及び保護者をはじめとする関係者への支援を図り、さらに広く国民の理解を得るために、情報や理解啓発、調査研究活動を行うことを目的としており、独立行政法人国立特別支援教育総合研究所内に設置しています。

県内市町村相談窓口一覧

県内市町村における発達障害児者支援に係る相談窓口一覧を掲載します。(R3.4現在)

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課 社会参加推進グループ
電話:017-734-9309  FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする