ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境保全課 > 県境不法投棄事案アーカイブ本編 4-5 廃棄物の処理

関連分野

更新日付:2014年7月17日 環境保全課

県境不法投棄事案アーカイブ本編 4-5 廃棄物の処理

4-5-2 廃棄物の処理

 廃棄物は、焼却、焼成、溶融のいずれかの加熱処理を行うことを基本に、その性状等から加熱処理に適さないものについては、それ以外の処理方法(破砕、埋立処分など)のうち最も合理的な方法により、適正に処理しました。
 現場から処理施設に廃棄物等を運搬した作業日数は2,014日、運搬台数はのべ98,706台、撤去量(汚染土壌含む)は約114万7千トン(79万立方m)にのぼりました。
  • 廃棄物等の撤去実績

県境不法投棄産業廃棄物の主な処理施設と運搬ルート

 県境不法投棄産業廃棄物は、主に青森県内の7社で処理を行いました。
 青森リニューアブル・エナジー・リサイクリング株式会社(青森RER)、八戸セメント株式会社、奥羽クリーンテクノロジー株式会社、三菱マテリアル株式会社青森工場、株式会社庄司興業所の5社では加熱処理を行い、高温処理により無害化された廃棄物の多くは、セメントの原料やスラグ(道路路盤材)などに生まれ変わり、再利用されました。
 また、確認分析の結果、普通産業廃棄物であることが確認できた廃棄物は、株式会社ウィズウェイストジャパン、株式会社青森クリーンの2社で埋立処分を行いました。
 このほか、金属くずやコンクリート塊など、性状からこれらの施設では処理できない廃棄物は、それぞれ適正に処理できる業者に委託し処理しました。
  • 廃棄物等処理業者及び処理量
    廃棄物等処理業者及び処理量
    クリックすると拡大します。
  • 運搬ルート
    廃棄物等運搬ルート

参考資料

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課
電話:017-734-9261  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter