ホーム > キッズページ > 商工業

関連分野

更新日付:2022月4月27日

商工業

商業・サービス業

青森県の経済(けいざい)は、商業、サービス業などの第3次産業の割合が71.2パーセント(全国:72.0パーセント)と、大きな比重(ひじゅう)をしめています(県統計分析課「青森県県民経済計算」、内閣府「国民経済計算」:平成28年度「県内総生産」の値)。
商業は、わたしたちの生活に最も密着(みっちゃく)した産業といえます。県内には、商店が約13,000店ありますが、全国と同じように、その数は年々少なくなってきています。
青森県の商業は、飲食料品関係(いんしょくりょうひんかんけい)の割合が高く、事業所数は全体の32.1パーセント(全国:27.3パーセント)、販売額(はんばいがく)は、全体の37.4パーセント(全国:22.9パーセント)と、全国を大きく上回っています(総務省・経済産業省「平成28年経済センサス-活動調査」)。
サービス業は、「飲食店(いんしょくてん)」が最も高く、全国の割合を上回っています。そのほかに全国の割合を上回っているものとしては、「洗濯、理容、美容、浴場業(せんたく・りよう・びよう・よくじょうぎょう)」、「社会保険、社会福祉、介護事業(しゃかいほけん、しゃかいふくし・かいごじぎょう)」、「自動車整備業(じどうしゃせいびぎょう)」などがあります。(総務省・経済産業省「平成28年経済センサス-活動調査」)

お店

工業

製造業(せいぞうぎょう)の動向

青森県の製造品出荷額(せいぞうひんしゅっかがく)は、6年連続で増加し、平成29年度は過去最高額を更新しましたが、平成30年から減少し、令和元年は1兆7271億円となりました。

製造品出荷額(せいぞうひんしゅっかがく)を市町村別に見ると、八戸市が最も高く、つぎに弘前市、六ヶ所村、青森市の順で、この4市村で1兆円を上回ります。

元気な企業(きぎょう)

青森県には、アイデアをいかして、新しい技術を全国・海外へ発信し続ける元気な会社がたくさんあります。

  • 世界トップシェアの微細合金粉末:エプソンアトミックス株式会社(八戸市)
  • 業界(ぎょうかい)初の技術で最優秀賞受賞(さいゆうしゅうしょうじゅしょう)!:アダマンド並木精密宝石株式会社(黒石市)
  • AI(エーアイ)で新型コロナウイルス感染症対策:株式会社フォルテ(青森市)
  • 医療(いりょう)現場のシステム化を高品質に使いやすく:マルマンコンピュータサービス株式会社(弘前市)

伝統工芸(でんとうこうげい)の分野(ぶんや)でも、新しいことに挑戦しています。

  • 津軽塗(つがるぬり)
    津軽地方に伝わる漆器(しっき)で、始まりは江戸時代(えどじだい)元禄年間(げんろくねんかん)までさかのぼります。
    県内で唯一(ゆいいつ)、国の伝統工芸品に指定されていますが、アクセサリー、インテリアなどの新しい作品を作りだしています。
  • BUNACO(ブナコ)
    日本一の蓄積量(ちくせきりょう)をほこる青森県のブナ材をテープ状に加工し、バームクーヘンのように巻き重ねて作る工芸品です。海外での人気が高く、イギリスでは賞を取り、博物館に永久収蔵(えいきゅうしゅうぞう)されています。
工場
青森県の商工業について、もっと知りたい方は
青森県庁ホームページ「青森県の産業(商工業)」
青森県庁ホームページ「青森県の伝統工芸品」

エネルギー

青森県には、水力・火力・風力・太陽光・原子力などを使って電気をつくる発電施設があります。これらの施設から生み出された電気によって、みなさんのくらしがささえられています。

工場
青森県の電気について、もっと知りたい方は
青森県庁ホームページ「みんなのくらしをささえている あおもり県の電気」

  • シンボル
  • 気候・場所
  • 観光
  • 食べ物
  • 農林水産業
  • 商工業
  • 世界一と日本一
  • 伝説・地名
  • 祭り
  • 県庁の仕事
  • おすすめサイト
  • トップへ戻る

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:017-734-9137,9138  FAX:017-734-8031

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter