ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 上北地域県民局農林水産部 > お知らせ

関連分野

更新日付:2022年5月11日 上北地域県民局地域農林水産部

お知らせ

「令和4年度かみきた産直ビジネスモデル実証」実施者を募集します!

○趣旨
上北地域の産地直売施設の販売力強化を図るため、買い物弱者の支援やコロナ禍での新しい生活様式にも対応した販売システムの導入、地場産品を活用した新商品の導入などの新たなビジネスモデルとなる取組を実証する産地直売組織を募集します。

○実施内容等
1 実施内容
産直の販売力強化につながる新たな取組を上北地域県民局地域農林水産部と協議しながら実施していただきます。
(1)移動販売タイプ
店頭販売ではなく、新たに店舗外での出張・移動販売等を定期的に実施する取組。
(2)店内売り方・商品工夫タイプ
コロナ禍での新しい生活様式にも対応した売り方の工夫や地場産品を活用した新たな商品の販売を実施する取組。
2 委託費上限額(1実証あたりの上限)
移動販売タイプ 60万円(消費税及び地方消費税を含む)
店内売り方・商品工夫タイプ 30万円(消費税及び地方消費税を含む)
3 対象経費の範囲
報償費、旅費、使用料・賃借料、印刷製本費、消耗品費、役務費、燃料費、人件費

○応募書類の提出期限
1 参加表明書 令和4年5月24日(火)17時まで
2 企画提案書 令和4年5月31日(火)17時まで
3 提出先及び問合せ先
青森県上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室(担当:清代、斗ヶ澤)
住 所:〒034-0093 青森県十和田市西十二番町20番12号
電 話:0176-23-4281、FAX:0176-25-7242

○実施者の選定方法及び結果通知
提出された企画提案書を、上北地域県民局地域農林水産部職員等が審査し、優れた企画を提案をした応募者を実施者とします。
なお、審査結果については、審査終了後速やかに、応募者全員に通知します。

※ 詳細については、公募要領をご覧ください。

○公募要領・様式等
【公募要領】
令和4年度かみきた産直ビジネスモデル実証公募要領PDFファイル[284KB]
【提出様式】
参加表明書(様式1)ワードファイル[36KB]企画提案書(様式2)ワードファイル[37KB]経費積算(様式2の別紙1)エクセルファイル[11KB]

夫婦や親子で農業経営改善計画の認定が受けられます。
(認定農業者制度における共同申請のご案内)

認定農業者制度では、家族経営協定を締結した夫婦や親子などが共同で農業経営改善計画の認定申請(共同申請)を行うことができます。

家族経営協定とは
 家族経営協定とは、家族農業経営にたずさわる各世帯員が、経営方針や役割分担、収益の配分、みんなが働きやすい就業環境などについて話し合い、取り決めるものです。

詳細はこちら(案内チラシPDFファイル[427KB]

秋の農作業安全運動を展開中!

収穫作業が本格化する秋は、特に農作業事故が起こりやすくなります。
このため、農作業事故の防止に向けて、8月15日から10月31日までの期間に「秋の農作業安全運動」を実施しています。(案内チラシはこちらPDFファイル[817KB]です)

「令和3年度かみきた産直ビジネスモデル実証」実施者を募集します。!(追加公募)

○趣旨
上北地域の産地直売施設の販売力強化を図るため、買い物弱者の支援やコロナ禍での新たな生活様式にも対応した販売システムの導入などの新たなビジネスモデルに取り組み、その有効性や採算性を実証する産地直売組織を公募したところですが、移動販売タイプの応募が募集件数に満たなかったため追加募集します。

○実施内容等
1 実施内容
産直の販売力強化につながる新たな取組を上北地域県民局地域農林水産部と協議しながら実施していただきます。
【移動販売タイプ】
店頭販売ではなく、新たに店舗外での出張・移動販売等を定期的に実施する以下の取組。
(1)県内大消費地(青森市・八戸市・弘前市)へ出向いての出張販売(3回以上)
(2)食料品店が近くにない地域への移動販売(5回以上)
(3)官公庁・企業を対象とした事前注文・配達による販売(5回以上)
(4)高齢者が集う場(高齢者サロンや温泉等)への出張販売(5回以上)

2 委託費上限額(1実証あたりの上限)
60万円(消費税及び地方消費税を含む)
3 対象経費の範囲
報償費、旅費、賃借料、印刷製本費、消耗品費、役務費、燃料費、人件費

○応募書類の提出期限
1 参加表明書 令和3年6月15日(火)17時まで
2 企画提案書 令和3年6月30日(水)17時まで
3 提出先及び問合せ先
青森県上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室(担当:清代)
住 所:〒034-0093 青森県十和田市西十二番町20番12号
電 話:0176-23-4281、FAX:0176-25-7242

○実施者の選定方法及び結果通知
提出された企画提案書を、上北地域県民局地域農林水産部職員が審査し、優れた企画を提案をした応募者を実施者とします。
なお、審査結果については、審査終了後速やかに、応募者全員に通知します。

※ 詳細については、公募要領をご覧ください。

○公募要領・様式等
【公募要領】
  令和3年度かみきた産直ビジネスモデル実証公募要領PDFファイル[308KB]
【提出様式】
  参加表明書(様式1)、ワードファイル[36KB]企画提案書(様式2)(様式ワードワードファイル[38KB]エクセルエクセルファイル[13KB]

「令和3年度かみきた産直ビジネスモデル実証」実施者を募集します!

○趣旨
上北地域の産地直売施設の販売力強化を図るため、買い物弱者の支援やコロナ禍での新たな生活様式にも対応した販売システムの導入、地場産品を活用した新商品の導入などの新たなビジネスモデルに取り組み、その有効性や採算性を実証する産地直売組織を募集します。

○実施内容等
1  実施内容
産直の販売力強化につながる新たな取組を上北地域県民局地域農林水産部と協議しながら実施していただきます。
(1)移動販売タイプ
店頭販売ではなく、新たに店舗外での出張・移動販売等を定期的に実施する以下の取組。
①県内大消費地(青森市・八戸市・弘前市)へ出向いての出張販売(3回以上)
②食料品店が近くにない地域への移動販売(5回以上)
③官公庁・企業を対象とした事前注文・配達による販売(5回以上)
④高齢者が集う場(高齢者サロンや温泉等)への出張販売(5回以上)
(2)店内売り方・商品工夫タイプ
コロナ禍での新たな生活様式にも対応した売り方の工夫や地場産品を活用した新たな商品の販売を実施する以下の取組。
⑤コロナ禍での新たな生活様式にも対応した売り場づくり(ドライブスルー等)
⑥地場産品に新たな付加価値を加えた商品の販売
(開発ではなく販売が中心の取組とする)
2 委託費上限額(1実証あたりの上限)
移動販売タイプ60万円(消費税及び地方消費税を含む)
店内売り方・商品工夫タイプ 30万円(消費税及び地方消費税を含む)
3 対象経費の範囲
報償費、旅費、賃借料、印刷製本費、消耗品費、役務費、燃料費、人件費

○応募書類の提出期限
1 参加表明書 令和3年5月28日(金)17時まで
2 企画提案書 令和3年6月4日(金)17時まで
3 提出先及び問合せ先
青森県上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室(担当:清代)
住 所:〒034-0093 青森県十和田市西十二番町20番12号
電 話:0176-23-4281、FAX:0176-25-7242

○実施者の選定方法及び結果通知
提出された企画提案書を、上北地域県民局地域農林水産部職員が審査し、優れた企画を提案をした応募者を実施者とします。
なお、審査結果については、審査終了後速やかに、応募者全員に通知します。

※ 詳細については、公募要領をご覧ください。

○公募要領・様式等
【公募要領】
令和3年度かみきた産直ビジネスモデル実証公募要領(要領のPDFを添付PDFファイル[308KB]
【提出様式】
参加表明書(様式1ワードファイル[36KB])、企画提案書(様式2ワードファイル[38KB])、経費積算(様式2の別紙1エクセルファイル[13KB])、
収支計画(様式2の別紙2エクセルファイル[13KB]

上北そば認定店について

上北そば活用推進協議会では、「上北そば」の知名度向上と消費拡大を目的に、「上北そば」を使用したメニューや商品を提供する飲食店及び小売店等を「上北そば」認定店として認定しています。認定店で「上北そば」を是非味わってみてください。


〇「上北そば」とは
青森県の十和田市、三沢市及び上北郡の町村で生産されたそばのことで、品種は、「階上早生」「にじゆたか」「キタワセソバ」「夏吉」です。

〇認定店の種類
「上北そば」提供店・・・上北そばのみを使用したメニューを提供する飲食店
「上北そば」販売店・・・上北そばの商品等を取り扱う小売店等

「上北そば」認定店認定制度申請書等のダウンロード

「上北そば」認定店認定制度実施要領PDFファイル[223KB]
【様式第1号】「上北そば」認定店認定申請書ワードファイル[35KB]
【様式第3号】「上北そば」認定店認定変更届出書ワードファイル[34KB]
【様式第4号】「上北そば」認定店認定辞退届出書ワードファイル[32KB]

「上北そば」認定店 提供店一覧
「上北そば」認定店 販売店一覧

「上北そば」×「地元特産食材」コラボメニューレシピ集について

「上北そば」の新しい食べ方を提案するため、地元の学生の協力を得て「上北そば」と「地元特産食材」を組み合わせたメニューを開発しました。学生のアイディアと工夫が詰まったコラボメニューをレシピ集としてまとめましたので、御活用ください。

レシピ集はこちらPDFファイル[8590KB]

春の農作業安全運動について

農作業が本格化する春は、作業中の事故が起こりやすくなります。
このため、県では農作業事故の防止に向けて、4月1日から5月31日までの間「春の農作業安全運動」を実施しています。慣れた作業でも、安全確認をもう一度行いましょう。(案内チラシはこちらPDFファイル[1225KB]です)

山火事防止運動について

山火事防止運動のお知らせです。
野山が乾燥して、山火事が発生しやすい季節となりました。
県では4月10日から6月10日までを「山火事防止運動強調期間」と定め、山火事防止パレードなどによって、広く県民に山火事防止を呼びかけています。
山火事の多くは、タバコ火やたき火の不始末など人為的な原因により発生しています。
県民の皆さん一人一人がお互いに注意して山火事を防止し、大切な森林を未来へ引き継ぎましょう。

【リンク】山火事防止(青森県庁林政課HP内)

「青森県農業経営相談所」農業経営相談のご案内

法人設立や規模拡大など経営力アップに専門家を派遣します。
チラシ及び相談申込書はこちら(Word[80KB]PDF[141KB])

農業の安全・安心をGAPで確かなものにしませんか!!

GAP(ギャップ)とは、「Good(良い)Agricultural(農業の)Practice(行い)」の略で、農業生産活動に潜むリスク(危険度)を把握し、対応策を講ずるとともに、これまで習慣になっていた「不適切な農業の行為」があればそれらを改善することで、未来に向けて持続的な経営管理に取り組むものです。
農業普及振興室では GAPに関する相談窓口を開設しています。 GAP導入に興味のある方は気軽にご相談ください。

パンフレットはこちら(PDF、1.3MB)[1372KB]

レシピ集「かみきたの餅」について

上北地域県民局地域農林水産部では、かみきた農と暮らしの研究会とともに、「餅文化研究」と「食育」をテーマに、消費者を巻き込んだ活動を展開してきました。
以前はどの家庭でも餅を作る習慣がありましたが、今は購入が多く、高齢化の問題も重なって、上北地域ならではの餅文化の伝承が課題となっています。
このため、上北地域に伝わる上北ならではの餅料理の種類や作り方を整理し、レシピ集としてまとめましたので、ぜひご活用ください。
(レシピ集はこちら(PDF、5.5MB)[5523KB]です)

【注意喚起】キノコ採り等の遭難事故防止について

これからキノコ採りのシーズンを迎え、入山する方が増える時期となりました。
・入山前には、天候のチェック、万一に備えた装備の準備を行った上で、行き先や帰宅時間等を必ず家族等に伝えましょう。
・入山時には、自分の体調に合わせ行動し、無理をせずに早めの下山を心がけましょう。
・万が一迷った場合には、歩き回らず、火を焚くなどして救助隊の助けを待ちましょう。
キノコよりも大切な命、目先の収穫よりも安全第一で、遭難には十分気をつけましょう!
※チラシダウンロードはこちらから → pdf(1.1MB)[1086KB]

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室
電話:0176-23-4281  FAX:0176-25-7242

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter