ホーム > 組織でさがす > 交通・地域社会部 > 地域交通・連携課 > (1) 「構造改革特区」とは

関連分野

更新日付:2013年5月24日 地域交通・連携課

(1) 「構造改革特区」とは

a 「構造改革特区」の基本的な考え方

 人口減少等の大きな環境変化の中で、日本経済が安定的な成長を続けていくためには、イノベーション等を通じ、経済全体として生産性を大幅に上昇させなければなりません。
 そのためには、民間活力を最大限に引き出し、民業を拡大することが重要であり、規制改革を通じた構造改革により経済の活性化を図っていくことが必要です。

 その際、地方公共団体や民間事業者等の立案により、地域が自発性を持って構造改革を進める特区制度の意義は今後においても大きいと考えられます。
 このため、やる気のある地域が独自の取組を推進し、知恵と工夫にあふれた「魅力ある地域」に生まれ変わるための努力を政府を挙げて応援していくことが必要です。

 こうした基本的考え方に沿った地域の活性化を図る支援施策として重要なのが「特区制度」です。

 詳しくは、構造改革特別区域推進本部のホームページをご覧ください。

b 「構造改革特区」の仕組み

構造改革特区の申請から承認までの流れ

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

交通・地域社会部 地域交通・連携課 総務・地域活性化グループ
電話:017-734-9075  FAX:017-734-8027

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • Xでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • Xでフォローする