ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 東青地域県民局農林水産部 > 広報・イベント情報一覧

更新日付:2021年11月29日 東青地域県民局地域農林水産部

広報・イベント情報一覧

稲わらの有効利用について

わら焼きの煙は、周辺住民の健康被害や交通障害の原因となるほか、観光の振興を図る本県のマイナスイメージとなります。
生産者の皆さん、稲わらは貴重な有機質資源です。水田にすき込んだり、収集して必要とする方に提供するなどして、有効に活用しましょう!

「稲わら有効利用」のちらしはこちらPDFファイル[1165KB]

当県民局では令和3年度も、関係機関と連携し、稲わら有効利用推進パトロールを実施します。なお、新型コロナウィルス感染症拡大を防止するため、本年度の出発式は行いません。

稲わらふりーでんの設置について(青森市)令和3年度は終了しました。

青森市では、水稲収穫後の稲わらの焼却の防止と有効活用の促進を図るために、稲わらを必要とする市民に無償で提供する「稲わらふりーでん」を設置しています。
詳しくは、青森市農林水産部農業政策課(電話0172-62-1176)へお問い合わせください。

  • 「稲わらふりーでん」利用上の注意について
  1. 稲わらふりーでんの旗が立っている水田から、稲わらを運搬 してください。旗のない水田には立ち入らないこと。
  2. 稲刈りの時期により、稲わらふりーでんの開始も異なります。必ず、稲わらふりーでんの『旗』を確認すること。
  3. 場所により、道路が狭かったり、交通量が多い場合もあります。車輛の運搬には十分気をつけること。
  4. 農家の方のご協力により、実施しておりますので、運搬の際には、 農耕車を 優先するなど、農作業に支障のないように配慮し、水田のあぜ道や水路などを壊さないように、細心の注意を払うこと。
  5. 稲わらふりーでんは、稲わらが無くなり次第終了となりますので、ご了承ください。特に、道路沿いは早く無くなる傾向があります。

「稲わらふりーでん」設置場所→令和3年度は終了しました。

あおもり海道そば

あおもり海道そばブランド推進協議会では、令和3年10月30日(土)に秋まつりを開催しました。

「農(アグリ)知る知る交流会」

令和2年9月29日(火)、若者に東青地域の農業・農村への興味・理解を深めてもらうとともに、農業者との出会いのきっかけとするため、農場見学や収穫体験、コミュニケーション講座を内容とした交流会を開催しました。 内容は、こちらPDFファイル

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域農林水産部農業普及振興室
電話:企画班017-734-9961、経営・担い手班017-734-9990、生産班0017-734-9965~9966  FAX:017-734-8305

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter