ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障害福祉課 > 第25回全国障害者スポーツ大会 青の煌(きら)めきあおもり障スポ

更新日付:2021年6月14日 障害福祉課

第25回全国障害者スポーツ大会 青の煌(きら)めきあおもり障スポ

character
2026shosupo

全国障害者スポーツ大会(障スポ)とは

 全国障害者スポーツ大会は、毎年、国民体育大会(国民スポーツ大会)を開催した都道府県で開催される、全国的な障がい者スポーツの祭典です。
 大会は3日間の会期で開催され、全国から都道府県・指定都市の選手団約5,500人が参加し、競技は正式競技(個人競技、団体競技)及びオープン競技が実施されます。

障スポの目的

 障がいのある選手が競技等を通してスポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障がいに対する理解を深め、障がいのある方の社会参加の推進に寄与することを目的とした大会です。

障スポの歴史

 昭和40年(1965年)から開催されてきた「全国身体障害者スポーツ大会」と平成4年(1992年)から開催されてきた「全国知的障害者スポーツ大会」を統合した大会として、平成13年(2001年)に、宮城県で第1回大会が開催されました。
 以降、オリンピック終了後に開催されるパラリンピックのように、毎年、国体終了後に開催されています。
 平成20年(2008年)の大分大会からは、精神障がいのある方のバレーボールも正式競技となり、身体・知的・精神の障がいのある方が一体となって行う、現在の全国障害者スポーツ大会の形ができあがりました。

実施競技

第25回全国障害者スポーツ大会実施予定 正式競技

●個人競技
競技名 障害区分
陸上競技 身体障害・知的障害
水泳 身体障害・知的障害
アーチェリー 身体障害
卓球・サウンドテーブルテニス 身体障害・知的障害・精神障害
フライングディスク 身体障害・知的障害
ボウリング 知的障害
ボッチャ 身体障害

●団体競技
競技名 障害区分
バスケットボール 知的障害
車いすバスケットボール 身体障害
ソフトボール 知的障害
グランドソフトボール 身体障害
バレーボール 身体障害・知的障害・精神障害
サッカー 知的障害
フットベースボール 知的障害

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課社会参加推進グループ
電話:017-734-9309  FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度