ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 新産業創造課 > 県が作成した機能性関与成分に関する研究レビューの使用について

更新日付:2021年9月7日 新産業創造課

県が作成した機能性関与成分に関する研究レビューの使用について

機能性表示食品の届出の際には、機能性に関する資料として、以下のいずれかを添付する必要があります。
・最終製品を用いた臨床試験の結果に関して公表されている査読付き論文
・最終製品または機能性関与成分についての研究レビュー(※)
※研究レビュー:臨床試験論文をデータベース検索や参照文献リストなどによって収集し、そのデータを総括して評価・分析すること。

県ではこの届出に必要な研究レビューを作成しましたので、県内事業者で本研究レビューを利用されたい方は、下記の青森県機能性関与成分研究レビュー使用取扱要綱をご確認のうえ、使用承認申請書を県新産業創造課に提出してください。

青森県機能性関与成分研究レビュー使用取扱要綱PDFファイル[142KB]
青森県機能性関与成分研究レビュー使用承認申請書ワードファイル[20KB]

【申請・お問い合わせ先】
新産業創造課 ライフイノベーション推進グループ
電話番号:017-734-9420 FAX:017-734-8115
sozoka@pref.aomori.lg.jp

県が作成した研究レビュー

イヌリン

イヌリンについて、下記ファイルに概要を掲載していますのでご参照ください。
イヌリンの概要についてPDFファイル[65KB]

遵守事項

使用承認を受けたときは、次の事項を遵守していただく必要があります。

(1) 研究レビューを機能性表示食品の届出に利用する際には、消費者庁が作成した「機能性表示食品の届出等に関するガイドライン」の内容を十分に
 理解した上で、届出者の責任において、結果報告や別添資料の内容及びその引用元データを確認すること。
(2) 内容の全部又は一部(商品名、届出者名等を除く。)について、県に無断で利用・改変を行わないこと。
(3) 研究レビューを第三者へ提供しないこと。
(4) 研究レビューは、あくまで参考情報として示すものであり、この使用に関する第三者(県以外のものをいう。以下、同じ。)の知的財産権及びその他の
 権利について権利侵害がないことを保証するものではないため、使用に当たっては、使用者の責任において、第三者の権利について確認の上、必
 要に応じて当該第三者から利用の許諾を得ること。
(5) 第三者の知的財産権侵害の責任等、当該レビューの使用により発生する一切の責任について、県は何ら責任を負わないことを承諾すること。
(6) この要綱による使用承認は、使用者が独占して研究レビューを使用する権利を付与するものではないことを承諾すること。
(7) この研究レビューを使用し、機能性表示食品の届出を行った場合は、使用報告書(様式第3号)により県に報告すること。
 また、当該届出が受理された際は、県に連絡すること。
(8) その他、関係法令を遵守すること。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

新産業創造課 ライフイノベーション推進グループ
電話:017-734-9420  FAX:017-734-8115
sozoka@pref.aomori.lg.jp(青森県庁)

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度