ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > りんご果樹課 > 青森りんごの歴史:令和

関連分野

更新日付:2022年4月27日 りんご果樹課

青森りんごの歴史:令和

 令和に入ってからも青森りんごの販売額は連続して1千億円を超え、令和2年産の輸出金額も過去3番目に多い135億円に達するなど、安全・安心で、品質、特に食味に優れていることが、国内外において高く評価されています。
 一方、世界的な感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たない中、りんごを取り巻く状況も日々変化しています。
 
年次 歴史的事項
令和元年
(2019年)
平成30年産りんごの販売額が、5年連続で1千億円の大台超え達成。(1,008億円:歴代11位)
平成30年産国産りんごの輸出量は2年連続で3万トンを突破(33,194トン:歴代2位)し、輸出額は5年連続で100億円を超えた(136億円)。
津軽地方を中心に干ばつ、高温。りんご研究所では観測史上最少の降雨量(8月20日まで累計169ミリ:平年比42%)、歴代4位の最高気温(7月15日、36.8度)を記録。肥大鈍化、日焼け果の助長など品質に影響。
令和2年(2020年) 新型コロナウイルス感染拡大
東京オリンピック・パラリンピック開催延期
令和元年産りんごの販売額が、6年連続で1千億円の大台超えを達成(1,098億円:歴代4位)
令和元年産りんごの消費地市場価格は、産地在庫量の少なさや、新型コロナウイルス感染拡大に伴う家庭向け需要の引き合いが強まったこと等により、大幅な高値で推移(累計で1キログラム当たり386円、平年対比121%)
令和元年産国産りんごの輸出量は3年連続で3万トンを突破(31,772トン:歴代4位)し、輸出額は6年連続で100億円を超えた(128億円:歴代3位)。
7月14日、りんご黒星病の新規防除薬剤が農薬登録された。
令和3年(2021年) 東京オリンピック・パラリンピック開催
3月、青森県果樹農業振興計画策定。「生産基盤強化のための対策」「市場拡大のための対策」の2本柱で施策を展開。
令和2年産りんごの販売額が、7年連続で1千億円の大台超えを達成。(1,008億円:歴代11位)
令和2年産国産りんごの輸出量は4年連続で3万トンを突破(34,432トン:歴代2位)し、輸出額は7年連続で100億円を超えた(135億円:歴代3位)。

この記事についてのお問い合わせ

りんご果樹課・企画管理グループ
電話:017-734-9489  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter