ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > りんご果樹課 > りんご:11月の品種(晩生種)

関連分野

更新日付:2014年5月27日 りんご果樹課

りんご:11月の品種(晩生種)

主力品種「ふじ」の収穫が始まり、生産者も最も忙しくなります。

シナノゴールド

写真:シナノゴールド
■収穫期:10月下旬
■組み合わせ:(母親)ゴールデンデリシャス×(父親)千秋
■育成者:長野県果樹試験場で選抜育成
■来歴:平成11年品種登録
■大きさ:360グラム程度
■果形:円~長円形
■果色:黄色
■果肉:果汁が多い
■食味:香りがあり、高い糖度と十分な酸味がある
■貯蔵性に優れています。

王林(おうりん)

写真:王林
■収穫期:10月末~11月上旬
■組み合わせ:(母親)ゴールデンデリシャス×(父親)印度
■育成者:福島県伊達郡桑折町の故 大槻只之助氏
■来歴:昭和27年命名
■大きさ:300グラム程度
■果形:長円~長円錐形
■果色:緑黄色
■果肉:黄白色でやや硬くち密、果汁多い
■食味:微酸、甘味及び芳香が強い
■貯蔵性があり、人気の高い品種です。

ふじ

写真:ふじ
■収穫期:11月上旬
■組み合わせ:(母親)国光×(父親)デリシャス
■育成者:農林水産省園芸試験場東北支場(当時青森県藤崎町)
■来歴:昭和37年命名・登録
■大きさ:350グラム程度
■果形:円~長円形
■果色:褐紅色の縞
■果肉:黄白色でやや粗、果汁が極めて多い
■食味:甘、酸のバランスがとてもよい
■りんごの代表格。品種名は、藤崎町にちなんで付けられました。

金星(きんせい)

写真:金星
■収穫期:11月上旬
■組み合わせ:(母親)ゴールデンデリシャス×(父親)国光
■育成者:青森県弘前市 佐藤肇氏
■来歴:昭和47年品種登録
■大きさ:350グラム程度
■果形:円~円錐形
■果色:緑黄色(無袋)、きれいな黄色(有袋)、果点がやや粗い
■果肉:黄白色で硬く粗い、果汁多い
■食味:芳香があり、甘み強く、味濃厚
■無袋栽培では、肌がざらついた痘痕の多い果実になりますが、味はとてもよくなります。

春明21(しゅんめい21)

写真:春明21
■収穫期:11月上旬
■組み合わせ:(母親)ふじ×(父親)レイ8(レイ8:東光×紅玉)
■育成者:青森県りんご試験場
 (現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)
■品種名:「あおり21」
■大きさ:350グラム程度
■果形:円~長円形
■果色:濃紅色で縞明瞭
■果肉:硬度20ポンド以上と非常に堅く、肉質はち密
■食味:糖度15%程度、酸味は0.6%程度で酸味がやや強い
■普通冷蔵で翌年の6月末頃まで貯蔵が可能で、有袋ふじに替わる品種として期待されています。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

りんご果樹課・生産振興グループ
電話:017-734-9492  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter