ホーム > 組織でさがす > 教育委員会 > 高等学校教育改革推進室 > これまでの県立高等学校教育改革の取組について

関連分野

更新日付:2016年5月11日 高校教育改革推進室

これまでの県立高等学校教育改革の取組について

第1次実施計画
平成12~16年度
第2次実施計画
平成17~20年度
第3次実施計画
平成21~29年度
教育活動等に関す
る取組
○二学期制の導入
○学校評議員制度の導入
○連携型中高一貫教育の導入
→むつ市大湊地区、田子町
○特色ある学科等の設置
<スポーツ科学科>
→青森北、八戸西、弘前実業
<美術科>
→青森戸山
<表現科>
→八戸東
○総合学科の拡充
→大湊、青森中央、木造
○看護科の改編
(専攻科設置による5年一貫教育の実施)
→黒石
○全日制単位制の導入
→青森東
○併設型中高一貫教育の導入
三本木高校附属中学校
○定時制三部制の導入
→北斗、八戸中央
○定時制工業高校の学科統合
→青森工業、弘前工業、八戸工業
○全日制単位制の拡充
→八戸北、弘前南
【前期(21~25)の取組状況】
○農業高校及び工業高校における学科改編
<農業高校>
環境保全や加工、流通等の資源活用などについて広く学習する学科を設置
→五所川原農林、三本木農業、名久井農業
<工業高校>
太陽光などの新エネルギーの活用等について学習する学科を設置
→十和田工業、むつ工業
○中南地区に定時制三部制高校設置
→尾上総合
○通信制課程を1校2分室から3校体制に改編
望ましい学校規模
の考え方
1学年4~8学級 1学年4~8学級 青森市、弘前市及び八戸市の普通高校は1学年当たり6学級以上、そのほか全ての高校は1学年当たり4学級以上
学校配置等の考え方 市部の学校を中心に学級減するとともに、小規模校の学級定員を引き下げ
(40人→35人)
・分校の募集停止
・市部の1学年3学級以下の学校の募集停止
・町村部の1学年3学級以下の学校は地元生徒の志願・入学状況を踏まえ学級減を行い、1学級募集とする学校は校舎制を導入
・望ましい学校規模になるよう6地区ごとに、中学校卒業予定者数の推移、社会や生徒のニーズに対応した普通科等・職業学科・総合学科の割合という観点から計画的に統合等を進める。
・既存の校舎制導入校は基本的に募集停止。
・統合については、同じ分野の高校を優先して進める。

中学校卒業者数、募集学級数等の推移(※第3次【後期】は予定)

第1次実施計画

平成12~16年度
第2次実施計画

平成17~20年度
第3次実施計画
【前期】

平成21~25年度
第3次実施計画
【後期】

平成26~29年度
計画期間最終年度の
中学校卒業者数
16,156人 14,707人 13,350人 12,388人
(期間内増減) (△3,466人) (△1,449人) (△1,357人) (△962人)
計画期間最終年度の
募集学級数
(全日制)
309学級 280学級 248学級 229学級
(期間内増減) (△56学級) (△29学級) (△32学級) (△19学級)
計画期間最終年度の
募集学校数
(全日制)
69校 66校 59校 56校
(期間内増減) (△1校) (△3校) (△7校) (△3校)

学校規模の推移

第1次実施計画では
 約3,500人の中学校卒業者の減少に対応するため、既存の学校は可能な限り残し、市部の学校を中心に学級減を行った結果、1学年当たり8学級以上の学校が大幅に減少しました。また、市部の学校は志願倍率が高いまま推移し、町村部の学校では市部の生徒の割合が増加している小規模校と、大幅な定員割れのある小規模校が多くなりました。

第2次実施計画では
 分校の募集停止、市部の1学年3学級以下の学校の募集停止、校舎制の導入などを行いましたが、学校の小規模化が一層進みました。

第3次実施計画では
 活力ある教育活動の維持には、一定規模以上の学校であることが望ましいとの考え方に基づき、統合を含めた学校配置を進めています。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

高等学校教育改革推進室
電話:017-734-9866  FAX:017-734-8003

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする