ホーム > 組織でさがす > 観光国際戦略局 > 誘客交流課 > インバウンド受入環境整備に活用できるツール等について

更新日付:2018年4月1日 誘客交流課

インバウンド受入環境整備に活用できるツール等について

県では、外国人観光客の県内消費に密接に関わる飲食店、小売店、観光施設、宿泊施設、交通施設(以下「立ち寄り施設等」という。)において受入環境を改善し情報発信することにより、インバウンドの増加による経済効果を全県に波及させるため、外国人が利用しやすい立ち寄り施設等の基準を定め、基準を満たす施設等を県観光情報サイト「アプティネット」グローバルサイト(英語サイトhttps://www.en-aomori.com ほか、簡体字・繁体字・韓国語の各言語サイト)へ掲載することとしています。
このページでは、各立ち寄り施設等でインバウンド受入環境整備に活用できる情報を掲載していますので、ご自由にご活用ください。

青森県外国人にやさしい立ち寄り施設受入対応基準

  • 飲食店
    1.おすすめ又は定番メニューについて、写真及び食品ピクトグラムを掲載している、又は英語メニューがあること。
    2.英語対応ができること(多言語翻訳アプリの導入、多言語電話通訳サービスへの加入、英語対応スタッフ配置のいずれかで可)
    3.算用数字で価格を表示していること
  • 小売店
    1.クレジットカードが使用可能又はモバイル決済ができること
    2.英語対応ができること(多言語翻訳アプリの導入、多言語電話通訳サービスへの加入、英語対応スタッフ配置のいずれかで可)
  • 観光施設
    1.ピクトグラム又は英語による館内表示、若しくは英語パンフレット等による館内表記があること(表示箇所:非常口、インフォメーション、トイレ)
    2.無料Wi-Fi利用環境が整備されていること
    3.多言語対応ができること(多言語翻訳アプリの導入、多言語電話通訳サービスへの加入、英語・中国語・韓国語で対応できるスタッフ配置のいずれかで可)
  • 宿泊施設
    1.クレジットカードが使用可能又はモバイル決済ができること
    2.無料Wi-Fi利用環境が整備されていること
    3.ピクトグラム又は英語による館内表示、若しくは英語パンフレット等による館内表記があること(表示箇所:非常口、フロント、食事会場、大浴場、エレベーター、階段)
    4.多言語対応ができること(多言語翻訳アプリの導入、多言語電話通訳サービスへの加入、英語・中国語・韓国語対応スタッフ配置のいずれかで可)
  • 交通施設
    1.チケット購入方法又は乗車方法について英語表記又は英語パンフレット等による案内があること
    2.多言語対応ができること(多言語翻訳アプリの導入、多言語電話通訳サービスへの加入、英語・中国語・韓国語対応スタッフ配置のいずれかで可)
県観光情報サイトへの掲載を希望される方は、下記へご連絡ください。

青森県観光国際戦略局 誘客交流課 
国際誘客グループ 川村
TEL:017-734-9130 FAX:017-734-8126
メール:mutsumi_kawamura@pref.aomori.lg.jp 

外国人にやさしい立ち寄り施設となるために活用できるツール等

食品ピクトグラム
ベジタリアン、食物アレルギー等によって、「食べられないもの」のある方々、教戒律上「食べてはいけないもの」のある方々などに向けて、料理に含まれる材料を示すものです。
なお、当サイトで利用できるピクトグラム39項目については、アレルギー特定原材料および特定原材料に準ずるもの、宗教上、ベジタリアンに特に考慮すべき項目より選定しました。
メニューへの貼付等によりご活用ください。
食品ピクトグラム(png形式)圧縮ファイル[340KB]
食品ピクトグラム(eps形式)圧縮ファイル[1493KB]
観光施設、宿泊施設ピクトグラム
観光施設ピクトグラム
pict_sightseeing.png
宿泊施設ピクトグラム
交通エコロジー・モビリティ財団のウェブサイトよりダウンロードできます。
http://www.ecomo.or.jp/barrierfree/pictogram/picto_top.html
多言語メニュー作成
メニュー作成例
(1)メニューによってピクトグラムを付ける
(2)写真を付け、外国人がどんな料理なのか直感的にわかるようにする
(3)単に「十和田バラ焼き」と記述するのではなく、「牛バラとスライスオニオンを焼いたもの」という簡単な説明文を添えると更に効果的
(4)算用数字を用い、サービス料や税についてもわかりすい表示をする

※メニュー表現
税込み:inclusive of tax
お通し:cover charge
サービス料:service charge
多言語メニュー作成に役立つサイト
・東京都多言語メニュー作成支援ウェブサイト
※メニュー作成は都内の飲食店となりますが、フリーツールが利用できます。
・Fukuoka Gourmet Navi(福岡観光コンベンションビューローサイト内)
 上記サイトから、ホーム>お役立ち情報集>外国人もてなしの便利ツール>メニュー作成サイト
・徳島県料理メニューの多言語化について
・ぐるなび外国語版(登録有料)
多言語電話通訳サービス
来所した外国人のお客様と意思疎通ができない時に、電話を通じて通訳サービスを24時間無料で受けられます。(ただし、利用者と通訳コールセンター間の通話料金は利用者の負担)
東北観光推進機構が提供するサービスで、下記申込書を県誘客交流課に提出後、登録された施設が利用できます。
・対応言語:英語・中国語・韓国語
・利用料金:無料
・申込方法:下記申込書に必要事項を記入し、誘客交流課へFAXかメールでお申込みください
利用申込書ワードファイル[17KB]
・申込先:青森県誘客交流課国際誘客グループ 川村 宛
FAX:017-734-8126
MAIL:mutsumi_kawamura@pref.aomori.lg.jp
多言語翻訳アプリ
多言語翻訳アプリ例
 VoiceTra

※情報通信研究機構(NICT)が開発した話しかけると外国語に翻訳してくれる音声翻訳アプリで、英語・中国語・韓国語をはじめ世界31か国語に対応しています。
ダウンロード、利用は無料です。
案内パンフレットPDFファイル[3689KB]
クレジットカード・モバイル決済
カード・モバイル決済代行サービス例
 Origami
 導入費用 0円~ ※決済手数料3.25%~が発生します
免税店申請
○申請先
 納税地を所轄する税務署

○提出書類
・輸出物品販売場許可申請書(一般型用)
添付書類 ※税務署によって一部追加書類が必要な場合有り
・許可を受けようとする販売場の見取図
・社内の免税販売マニュアル
・会社案内かホームページの会社概要
・許可を受けようとする販売上の取扱商品(主なもの)が分かるもの(一覧表など)

※詳細は、下記サイトをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/howto.html
販促POP作成
POP作成例(津軽塗りのお盆)
※作成のポイント
・単に津軽塗とせず、お盆とわかる表記をする
・算用数字を用い、サービス料や税についてもわかりすい表示をする
・単に商品名だけでなく、「300年以上変わらぬ技法で何重にも塗られた津軽地方の名産品!」というようにお勧め理由を記述し、プレミア感を持たせる

この記事についてのお問い合わせ

誘客交流課 国際誘客グループ
電話:017-734-9219  FAX:017-734-8126

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度