ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 三八地域県民局地域健康福祉部保健総室(三戸地方保健所) > 新型コロナウイルス感染症について

関連分野

更新日付:2022年9月26日 三八地域県民局地域健康福祉部保健総室(三戸地方保健所)

新型コロナウイルス感染症について

三戸地方保健所管内で新型コロナウイルス感染症と診断された方に向けた情報をまとめています。

◎2022年9月26日から発生届出対象者の重点化が始まりました。以下の4類型に該当する方で新型コロナウイルス感染症と診断された方については、引き続き医療機関から保健所へ発生届の提出がありますので、保健所からの連絡をお待ちください。以下の4類型に該当しない方については、こちらの項目をご覧ください。
【4類型とは】
①65歳以上の方
②入院を要する者
③重症化リスクがあり、新型コロナウイルス感染症治療薬の投与又は新たに酸素投与が必要と医師が判断する者
④妊婦

◎療養証明書に係る取扱いを2022年9月26日から変更しています。詳しくはこちらの項目をご覧ください。

◎2022年9月7日から療養終了に係る基準が変更となりました。詳しくはこちらの項目をご覧ください。​

◎2022年9月5日より、青森県自宅療養者サポートセンターが設置されました。新型コロナウイルス感染症と診断された方(みなし陽性を含む)でご自宅で療養される方からの食料セットの配送希望確認や体調悪化時の対応、療養証明書の発行依頼等に対応することを目的として設置されています。詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
自宅療養者の体調悪化時の問い合わせ(受診・処方希望等)先
050-3187-5854(受付時間:24時間対応)
その他自宅療養に関するお問い合わせ(一般的な相談、陽性者支援等)先
050-3187-5479(受付時間:9時~22時)

「青森県臨時Webキットセンター」についてはこちらのページを御覧ください。
◎現在八戸市にお住まいの方については、八戸市保健所が管轄保健所となりますので、不明な点がございましたら、八戸市保健所までお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ(発生届対象者以外)

◎医療機関を受診し、新型コロナウイルス感染症と診断された方については、診断を受けた医療機関から配付されたリーフレットを参考に療養を開始してください。

◎web検査センターから取り寄せた抗原検査キット又は自己調達の抗原検査キット(「体外診断用医薬品」又は「第一類医薬品」と記載があるもの)で陽性となった方で上記の4類型に該当しない方については、
以下①②を参照してください。

①何らかの支援が必要な方
宿泊療養を希望する方、食料セットの送付を希望する方、パルスオキシメーターの送付を希望する方等、何らかの支援が必要な方については、青森県自宅療養者サポートセンターのページから「陽性者登録」を行ってください。その際、希望する支援内容について、選択できますので、併せて登録してください。
こちらのサイトから陽性者登録を行うことができます。
※webを利用できない方については、希望する支援の内容を青森県自宅療養者サポートセンター(☎050-3187-5479)へ電話で伝えてください。
宿泊療養を希望される方はこちらのページをご覧ください。

②支援が必要ない方
特に登録等は必要ありませんので、療養期間を自宅で安静にお過ごしください。
療養期間の目安についてはこちらの項目をご覧ください。
緊急時の対応についてはこちらの項目をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症陽性判明から療養終了までの流れ(発生届対象者)

※発生届対象者以外の方は前項「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ(発生届対象者以外)」をご覧ください。
(1)検査を実施した医療機関から陽性判明の連絡
(2)医療機関から保健所へ発生届の提出
(3)保健所から陽性となった方への連絡
(4)療養場所の決定
(5)療養の終了

(1)陽性判明の連絡

・医療機関を受診し、検査の結果、陽性が判明した場合には、医療機関から検査結果の連絡があります。
・保健所が場所と日時を調整して、PCR検査に係る検体採取を実施した方については、陽性、陰性にかかわらず結果が分かり次第、保健所から連絡をします。

(2)発生届の提出(医療機関→保健所)

・医療機関で新型コロナウイルス感染症と診断された場合、診断した医療機関(医師)から保健所へ発生届が提出されます。
・医療機関から提出された発生届を保健所で確認し次第、順番に陽性となった方への連絡を行います。

(3)保健所からの連絡

・保健所からの連絡では、陽性となった方の療養期間や療養の注意点の説明、体調の確認、入院が必要な方の受診調整等を行います。

(4)療養場所の決定

・健康状態等を踏まえ、受診の必要があると判断された方については、保健所が調整を行い、入院が必要かどうか医師の診断を受けるために医療機関を受診していただくことがあります。入院が必要と判断された場合には、入院先の医療機関を調整します。
・入院の必要がないと判断された場合には、原則として、自宅療養となりますが、ご家庭の事情を踏まえ、宿泊療養施設の調整ができる場合もありますので、ご相談ください。
・自宅療養となった方については、保健所から連絡があった翌日に自宅療養者サポートセンターから電話が入ります。パルスオキシメーターの貸与、食料セットの配付希望については、自宅療養者サポートセンターからの電話があった際にお伝えください。

(5)療養の終了

新型コロナウイルス感染症での療養期間の基準は次の通りです。
〇症状がある方
(1)入院されている方、高齢者施設で療養されている方
 発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間を経過した場合に、療養解除
 (発症日を0日目として10日間の療養。11日目から外出可能。)

(2) (1)以外の方
 発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間を経過した場合に、療養解除
 (発症日を0日目として、7日間の療養。8日目から外出可能。)
 ※10日間が経過するまでは感染対策を徹底してください。

〇症状がない方:検体を採取した日を0日目として8日目に療養解除
症状がない方は、検体を採取した日から5日目に、薬事承認を受けた抗原検査キット(体外診断用医薬品と記載があるもの)で陰性が確認された場合、6日目に療養を解除することができます(この方法で療養を終了する場合には保健所へ連絡ください)
※7日間が経過するまでは感染対策を徹底してください。


※いずれも療養解除日から外出等が可能となります。
※症状の軽快とは、薬の服用なくとも解熱し、呼吸器症状が改善傾向にあることをいい、症状が完治することを必要としていません。
※保健所では療養の終了にあたり、検査は実施していません。

◎感染者の急増に伴い、三戸地方保健所では、重症化リスクのある方へ重点的に対応するために、原則として、療養終了時に保健所から皆様への連絡を行わないこととしました。保健所から連絡があった際にお伝えしている療養終了日時点で、上記の基準を満たしているか確認のうえ、療養を終了してください。
◎症状により、療養を延長する必要がある場合や、解除してよいか判断に困る場合には、三戸地方保健所(0178-27-5111)へご連絡ください。

自宅療養について

 新型コロナウイルス感染症の検査で陽性であった方のうち、無症状、または医学的に症状が軽い方は、ご自宅で療養を行っていただく場合があります。
 保健所から連絡があった際にお伝えしている期間の間は自宅で療養していただく必要があります。
 療養中に息苦しい、怠くて動けない等の緊急性の高い症状が出現した場合には、躊躇わず、救急車の要請を行ってください。その際、救急隊員に新型コロナウイルス感染症で療養中であることを伝えてください。

 自宅療養中に体調が悪化し、受診や薬の処方を希望する場合には、
 自宅療養者サポートセンター(☎050-3187-5854へお問い合わせください(受付時間:24時間対応)。

 自宅療養中の一般的な相談事項については、
​ 自宅療養者サポートセンター(☎050-3187-5479へお問い合わせください(受付時間:9時~22時)

 療養解除については、前段(5)療養の終了をご確認ください。

 詳しくは自宅療養者サポートセンターのページをご覧ください。「療養のしおり」もサポートセンターのページから閲覧できます。

陽性となった方の同居家族の皆様へ

新型コロナウイルス感染症と診断された方の同居家族の方は原則、「濃厚接触者」となります。
同居家族の方には、「発症日(無症状の場合には検査日)」または「家庭内で感染対策を講じた日(※)」のいずれか遅い方を0日目として、翌日から5日間の自宅待機と健康観察をお願いします(6日目から外出可能)。
※家庭内で感染対策を講じた日というのは、日常生活を送るうえで可能な範囲での、マスク着用、手洗い・手指消毒の実施、物資等の共有を避ける、消毒等の実施などの対策を講じた日を想定しています。

自宅待機期間中に、別の家族が発症し、新型コロナウイルス感染症と診断された場合には、改めて、その方の発症日を0日目として起算することとなります。

<待機期間の短縮について>
2日目及び3日目に抗原定性検査キットを用いた自費検査(※)で陰性を確認した場合は、3日目から解除可能です。解除の判断を保健所に確認する必要はありません。
※抗原定性検査キットは必ず薬事承認されたもの(体外診断用医薬品と記載があるもの)を用いてください。

<健康観察期間中の過ごし方>
不要不急の外出はできる限り控えてください。
やむを得ず外出する際は、マスクを着用し、人との接触は避けてください。
公共交通機関の利用は控えてください。(不特定多数が利用する電車、バス、タクシー、飛行機など)
健康状態を毎日ご確認ください。発熱、咳、息苦しさ、強い倦怠感などの症状に注意し、これらの症状が見られたら、事前に連絡のうえ、かかりつけ医等を受診してください。
かかりつけ医がない場合には、「県から指定を受けた診療・検査医療機関の情報」をご確認ください。

療養期間を証明する書類について

・新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方及び濃厚接触者として自宅待機をされた方について、療養(待機)期間終了後に職場等で勤務を開始するにあたって、職場等へ証明書(療養証明・陰性証明)を提示する必要はありません。提示する必要がある場合には、検査結果を示す画像やMy HER-SYSで取得可能な療養証明書を提示してください。※2022年9月26日以降に新型コロナウイルス感染症と診断された方で発生届対象者以外の方はMy HER-SYSが利用できません。


・2022年9月26日以降に新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方については、発生届対象者とそうでない方で対応が異なります。
①発生届対象者について
My HER-SYSのログインに必要なHER-SYS IDを順番に発行しますので、必要な方はそちらをご利用ください。必要であれば検査結果を示す画像を提示するか、診断を受けた医療機関から配布されたリーフレットをご利用ください。

②発生届対象者以外の方について
発生届が提出されませんので、HERSYS IDの発行及び利用もできません。必要であれば検査結果を示す画像を提示するか、診断を受けた医療機関から配布されたリーフレットをご利用ください。


・2022年9月14日から9月25日までに、新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方には、三戸地方保健所から紙の療養証明書を発行せず、代わりにMy HER-SYSのログインに必要なHER-SYS IDを発行することとしました。スマートフォンを利用できない方、みなし陽性の方、療養期間が延長となった方については、My HER-SYSによる療養証明書を利用できませんので、前述の方をはじめとする紙の療養証明書が必要な方は自宅療養者支援センター(☎050-3187-5479)に電話し申請してください。記載事項はMy HER-SYSのものと同様です。※2022年9月26日以降に診断を受けた方は申請できません。

・2022年9月13日までの期間に、新型コロナウイルス感染症の診断を受けた方には、三戸地方保健所から順番に紙の療養証明書を発行しています(My HER-SYSによる療養証明書を希望される方は、以下の電話番号までお問い合わせください)。※2022年9月26日以降に診断を受けた方は申請できません。

受付時間:平日 9:00~17:00(土日祝日は受け付けておりませんので、左記時間帯におかけください)
HER-SYS ID受付専用電話番号:080-8451-6843


【必要な事項】
・HER-SYS IDを発行する者の氏名
・HER-SYS IDを発行する者の生年月日
・SMSを受信する電話番号
※複数人いる場合には、全員分の情報をお伝えください。
※スマートフォンの設定でSMSが受け取れない場合がありますので、事前に御確認ください。
◎「My HER-SYS」にログインした後、トップページ>「療養証明書を表示する」により表示されます。
◎「My HER-SYS」URL→ https://www.cov19.mhlw.go.jp/

・「療養証明書」の詳しい表示方法については こちらPDFファイルをご覧ください。
「My HER-SYS」の詳しい利用方法については こちらPDFファイルをご覧ください。
※My HER-SYSに関する問い合わせは厚生労働省の以下の電話番号でも対応しています。
03-5877-4805(平日の9:30から18:15まで)

・新型コロナウイルスに罹患したことが確認できる書類についてはこちらのページをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

三戸地方保健所 指導予防課
電話:0178-27-5111(内線284)  FAX:0178-27-1594

この記事をシェアする

  • facebookでシェアする
  • twitterでシェアする
  • LINEでシェアする

フォローする

  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする