ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 都市計画課 > 岩木川浄化センター汚泥有効利用施設整備運営事業に関する実施方針及び要求水準書(案)の公表について

更新日付:2022年7月21日 都市計画課

岩木川浄化センター汚泥有効利用施設整備運営事業に関する実施方針及び要求水準書(案)の公表について

岩木川浄化センター汚泥有効利用施設整備運営事業に関する実施方針及び要求水準書(案)を次のとおり公表します。

汚泥有効利用施設整備運営事業とは

 岩木川浄化センターでは、下水汚泥を場内で濃縮・脱水・焼却し、発生した焼却灰についてはセメント材料として有効利用していますが、焼却設備は設置から18年以上が経過し老朽化が著しく、設備更新が必要となっています。
 そこで、今後の汚泥処理の方法等について検討を行った結果、下水汚泥には肥料に欠かせないリンや窒素が含有されていることから、肥料化施設を整備し、施設完成後は肥料の製造・販売を行うこととします。
 下水汚泥を肥料化し、製造した肥料を地域で利用することにより、地産地消による資源(肥料)の循環を目指します。

事業イメージ

実施方針・要求水準書(案)の公表について

1.事業の名称

  • 岩木川浄化センター汚泥有効利用施設整備運営事業

2.事業の期間(予定)

  • 整備(設計、工事、既設焼却炉撤去):約3年
    運営(維持管理・運営及び肥料売買):20年

3.事業の概要

  • 汚泥有効利用施設の実施設計及び建設工事
    既設焼却炉撤去工事
    汚泥有効利用施設の維持管理・運営
    肥料の売買

4.対象施設等の立地

  • 岩木川浄化センター
     青森県弘前市大字津賀野字浅田1168番

5.実施方針・要求水準書(案)を公表する時期

  • 令和4年7月下旬

6.実施方針・要求水準書(案)の公表場所

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

青森県県土整備部都市計画課下水道グループ
電話:017-734-9688  FAX:017-734-8196

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter