ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 港湾空港課 > むつ小川原港

関連分野

更新日付:2019年3月1日 港湾空港課

むつ小川原港

昭和52年4月12日港湾区域公告

昭和52年9月13日重要港湾指定

上北郡六ヶ所村
むつ小川原港
 むつ小川原港は青森県の太平洋岸中央部に位置し、むつ小川原開発の中核となる港湾として昭和52年(1977年)3月に地方港湾に指定され、同年9月には重要港湾に指定されました。
 昭和53年度から港湾工事に着手し、作業基地・東防波堤等の整備が進められました。むつ小川原開発地区における初めての国家プロジェクトである「むつ小川原国家石油備蓄基地」が立地し、30万トン級一点係留ブイバース1基が整備されました。
 その後、我が国におけるエネルギー政策を支える原子燃料サイクル施設の立地が昭和60年に決定されたのを受け、内港区の掘込み、-10m岸壁(暫定-7.5m)2バースの整備が進められ、平成4年度から低レベル放射性廃棄物等の受け入れを行っています。また、周辺地域から産出される砂を、年間数十万トン移出しています。
 今後は新たな開発の動向を踏まえ、長期的な視野に立った有効活用を図り、産業活動の展開に応じた施設整備を図ることとしています。

○むつ小川原港の港湾施設について

 港湾法第十二条五項及び港湾法施行規則第三条の三の規定に基づき、青森県の管理する施設及びその関係図面は、青森県県土整備部港湾空港課において一般の縦覧に供する。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

港湾空港課
電話:
港政グループ:017-734-9673(直通)
港湾計画・空港グループ:017-734-9674(直通)
港湾整備推進グループ:017-734-9677(直通)
港湾振興・物流支援グループ:017-734-9675(直通)  FAX:017-734-8194

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter