ホーム > 組織でさがす > 県土整備部 > 港湾空港課 > 港湾BCP

更新日付:2020年3月16日 港湾空港課

港湾BCP

青森港BCP策定

 地震・津波による災害時にあっても青森港の物流を継続させるため、青森港BCPを策定しました。
 港湾BCPとは、災害時に効率的かつ効果的に港湾機能を復旧するための手順や港湾関係者の行動計画をとりまとめるものです。
 青森港BCP策定により、特定の地震や津波による被害を想定した計画であっても、事前に作成しておくことによって、様々な災害状況にも臨機応変に対応できることが期待されます。
 また、港湾労働者を対象とした青森港津波避難誘導計画も策定しております。
 ※青森港津波避難誘導計画については、青森市津波避難計画に整合しております。

 青森港BCP、青森港津波避難誘導計画は以下に示すとおりです。
 ※平成30年3月16日BCP改定

 青森港BCP(本編)1/2PDFファイル 青森港BCP(本編)1/2PDFファイル 青森港津波避難誘導計画PDFファイル

八戸港BCP策定

 東日本大震災では、八太郎北防波堤などの港湾施設や臨海部企業の工場などが甚大な被害を受け、八戸港の物流が著しく停滞しました。
 この経験を踏まえ、平成24年度、港湾関係者と協議しながら、効果的かつ迅速な応急復旧により港湾物流機能を回復するための八戸港BCP(業務継続計画)を策定しました。
 八戸港BCPの概要につきましては、想定される最大クラスの地震・津波による港湾施設の被害予測に基づき、港湾施設の回復に必要な目標期間を設定した上で、港湾関係者の役割や行動計画、及び津波避難誘導計画を取りまとめました。

 八戸港BCP、八戸港津波避難誘導計画は以下に示すとおりです。
 ※平成29年2月24日BCP改定

 八戸港BCP(本編)PDFファイル 八戸港BCP(添付資料)PDFファイル 八戸港BCP(発災後行動抜粋版)PDFファイル 八戸港津波避難誘導計画PDFファイル

むつ小川原港BCP策定

 むつ小川原港港湾機能継続協議会では、地震・津波による災害時にあってもむつ小川原港の物流を継続させるため、むつ小川原港BCPを策定しました。
 港湾BCPとは、大規模災害発生時に効率的かつ効果的に港湾機能を復旧するための手順や港湾関係者の行動計画をとりまとめたものです。
 むつ小川原港BCPの策定により、様々な災害状況にも臨機応変に対応できることが期待されます。
 また、港湾労働者等を対象としたむつ小川原港津波避難誘導計画も策定しました。

 むつ小川原港BCP、むつ小川原港BCP概要版、むつ小川原港津波避難誘導計画は以下のとおりです。
 ※令和2年3月16日BCP改定

 むつ小川原港BCP(本編)PDFファイル むつ小川原港BCP(概要版)PDFファイル むつ小川原港津波避難誘導計画(H29.2改訂)PDFファイル

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

港湾空港課 港湾整備推進グループ
電話:017-734-9677   FAX:017-734-8194

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度