ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 県民生活文化課 > 表彰・助成金等情報(NPO関連)

関連分野

更新日付:2022年9月12日 県民生活文化課

表彰・助成金等情報(NPO関連)

2023年度日本郵便年賀寄付金配分団体の公募について(主催:日本郵便株式会社)

日本郵便株式会社では、「寄付金付お年玉付郵便葉書」及び「寄付金付お年玉付郵便切手」の寄付金を、社会の発展に大きく貢献することを目的に、全国各地の社会貢献・地域貢献活動を行う多くの団体に配分しています。
2023年度配分(助成)について以下のとおり公募が開始されましたのでお知らせします。

【公募期間】
2022年9月12日(月)~同年11月4日(金)(消印有効)

【申請可能事業】
お年玉付郵便葉書等に関する法律第5条第2項に規定された10の事業のいずれかに該当し、申請法人の定款または寄付行為に基づいて行う事業。
※日本国内で実施される事業を対象とし、海外で実施される事業は除きます。
※年賀寄付金を配分することが決定した日以降に実施し、2024年3月末日までに完了するものを対象とします。

【助成分野と申請可能額】
各助成分野の内容及び対象経費については日本郵便年賀寄付金Webサイトの申請要領をご覧ください。
(1)一般枠
(申請可能額500万円まで)
・活動・一般プログラム
・施設改修
・機器購入
・車両購入

(申請可能額50万円まで)
・活動・チャレンジプログラム

(2)特別枠
(申請可能額500万円まで)
・東日本大震災、令和元年台風19号および令和2年7月豪雨の被災者救助・予防(復興)
・新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止

【申請可能団体】
申請時直近の決算時において法人登記後1年以上が経過し、かつ、過去1年間を期間とする年度決算書が確定している法人。
※各助成分野における申請可能な団体(法人)の種類は日本郵便年賀寄付金Webサイトの申請要領をご覧ください。
※活動・チャレンジプログラム及び特別枠を除いて2年連続して同一団体(法人)が配分を受けることはできません。

【申請方法】
(1)日本郵便年賀寄付金Webサイトの申請入力フォームにより申請及び関係書類をアップロードしてください。
(2)申請及び関係書類のアップロード後、申請関係書類を下記送付先に郵送にて提出してください。
※申請関係書類一覧及び申請時の注意点等については日本郵便年賀寄付金Webサイトの申請要領をご覧ください。

【送付先・問い合わせ先】
日本郵便株式会社 総務室内 年賀寄付金事務局
〒100-8792 東京都千代田区大手町二丁目3番1号 大手町プレイスウエストタワー
電話:03-3477-0567

2022年度社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成について(主催:公益財団法人SOMPO福祉財団)

公益財団法人SOMPO福祉財団主催の認定NPO法人取得資金助成について、令和4年度募集が開始されましたのでお知らせします。

【対象となる団体】
社会福祉分野で活動し、認定NPO法人の取得を計画している特定非営利活動法人
(インターネット申請が可能な団体)
※日本全国で募集します。
※本事業において以後「認定」という場合は、「特例認定」を含むこととします。
※なお、2022年4月1日以降に、認定NPO法人の取得申請をすでに提出している団体(認定済みの団体も含む)も対象です。

【助成内容】
「認定NPO法人」の取得に関する費用であれば、使途は問いません。
※会合費、人件費、器材費その他一切使途は問いません。
ただし、原則として2024年3月末までに所轄庁(都道府県・政令指定都市)に、「認定」の申請を行うことが必要です。
※所轄庁受付日が、2022年4月1日~2024年3月31日のものが対象です。

【助成金額】
1団体30万円(総額300万円を予定)

【申請方法】
申し込みフォームに、必要事項を入力のうえ、送信してください。
また、追加資料として、推薦者コメント、必要な添付書類、申し込みフォームに入力した内容を補完する資料などを下記送付先に郵送してください。(締切日の消印有効)
申し込みフォーム、追加資料送付書及び推薦者コメントの様式はSOMPO福祉財団HPをご覧ください。

【募集期間】
2022年9月1日(木)~令和4年10月7日(火)17時まで
※締切日の17時に送信ができなくなります。
※締切時間直前には、多くの方が同時に送信するため回線の混雑が予想されます。時間に余裕をもって送信してください。

【送付先・問い合わせ先】
公益財団法人 SOMPO福祉財団 事務局
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
電話:03-3349-9570 FAX:03-5322-5257

子供の未来応援基金事業(未来応援ネットワーク事業)について(主催:独立行政法人福祉医療機構NPOリソースセンター)

独立行政法人福祉医療機構NPOリソースセンター主催の「子供の未来応援基金事業(未来応援ネットワーク事業)」について令和5年度支援団体募集が開始されましたのでお知らせします。

【募集内容】
(1)事業A(支援金額上限300万円)
社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の法人または団体
ア 公益法人(公益社団法人または公益財団法人)
イ NPO法人(特定非営利活動法人)
ウ 一般法人(一般社団法人または一般財団法人)
エ その他ボランティア団体や町内会など、非営利かつ公益に資する活動を行う任意団体

(2)事業B(小規模支援枠、支援金額30万円または100万円)
上記に加えて、次に該当する法人または団体(以下「法人等」という。)
・過去に未来応援ネットワーク事業(令和2年度(第4回)未来応援ネットワーク事業以降の事業Bを除く)の支援を受けたことがない法人等
・設立後(前身団体がある場合は前身団体設立後)5年以内の法人等、または新規事業もしくは実施後間もない事業(事業開始から2年以内)を実施する法人等

※応募は、1団体につき事業Aまたは事業Bのいずれかとなります。
募集要項は機構HPをご覧ください。注意事項等が掲載されていますので必ずお読みください。

【応募方法】
(1)機構HPから要望書をダウンロードし作成してください。
(2)機構HPの応募フォームから応募書類を登録してください。

【募集期間】
令和4年8月9日(火)~令和4年9月20日(火)午後3時まで
※締め切り後の受付は一切いたしませんのでご注意ください。

【問い合わせ先】
子供の未来応援国民運動推進事務局
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター
〒105-8486
東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル9階
電話:03-3438-4756
※月曜~金曜午前9時~午後5時(祝祭日除く)
(つながりにくい場合は03-3438-9942におかけください。)

2023年度環境市民活動助成について(主催:一般財団法人セブン-イレブン記念財団)

セブン-イレブン記念財団主催の、お客様の店頭募金及び株式会社セブン-イレブン・ジャパン等からの寄付金を元とした助成制度についてご案内します。

【部門】
(1)地域美化助成
公共性の高い場所で年間を通じて行われる清掃活動や、低木の苗木(成木時に2m以下の品種)、草花の種・苗・球根を植え、育てる活動に対し1年間の支援を行う。
(2)活動助成
自然環境保護や生物多様性の保全、気候変動対策、脱炭素化を目指す取組など、市民が主体となって行う環境活動に対し1年間の支援を行う。
※3年連続で助成を受けた場合、その翌年は申請できません。
(3)NPO基盤強化助成
持続可能な活動を実現する自主事業の構築・確立を目指すNPO法人に対し、事業資金・常勤専従職員の人件費・事務所家賃を原則3年間支援する。
※対象となる法人は、「環境の保全を図る活動」が活動分野として認証されており、2020年3月31日以前にNPO法人格を取得し、登記している法人となります。

【助成金額】
(1)地域美化助成
1団体あたり最大50万円
(2)活動助成
1団体あたり最大100万円
(3)NPO基盤強化助成
1団体あたり最大400万円(原則3年間、最大で1200万円の継続助成)

【応募方法】
(1)Web申請の場合
財団Webサイトの申請システムに団体情報を入力のうえ、必要事項を入力し申請してください(書類の郵送不要)。
(2)手書きの場合(メールアドレスをお持ちで無い場合のみ)
財団から申請書を郵送いたしますので、各助成の応募要項(財団Webサイト参照)をご覧の上、下記の事項を下記問合せ先のFAX番号にお知らせください。
・団体名
・送付先の郵便番号・住所・氏名・電話番号
・申請する助成名(いずれか1つ)

【募集期間】
(1)地域美化助成
2022年9月15日(木)~10月5日(水)
(2)活動助成
2022年10月11日(火)~10月31日(月)
(3)NPO基盤強化助成
2022年10月11日(火)~10月31日(月)

【問い合わせ先】
一般財団法人セブン-イレブン記念財団
〒102-8455
東京都千代田区二番町8番地8
電話:03-6238-3872(平日9時30分~17時 土日を除く)
FAX:03-3261-2513
Webサイト:https://www.7midori.org

2022年こくみん共済coop 地域貢献助成について(主催:こくみん共済coop(全労済))

こくみん共済coop(全労済)主催の「2022年 こくみん共済coop 地域貢献助成」についてご案内します。

【対象となる活動】
次の(1)~(5)に当てはまる活動を対象とします。
(1)自然災害に備え、いのちを守るための活動
(2)地域の自然環境・生態系を守る活動
(3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
(4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生み出す活動
(5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動
活動例、対象外の活動、選考にあたり重視する活動についてはこくみん共済coop HPをご覧ください。
※対象となる活動期間
2023年1月1日~2023年12月31日の間に実施、完了する活動が対象となります。

【助成の対象となる団体】
日本国内を主たる活動の場とする、下記(1)~(3)のすべてに該当する団体を対象とします。
(1) NPO法人、任意団体、市民団体
(2) 設立1年以上の活動実績を有する団体(基準日:2022年8月17日)
(3) 直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)
※過去に当会より助成を受けられた団体についても応募可能です。ただし、次の場合は助成対象外となります。
1.直近の過去5年以内(2017年~2021年)に3回助成を受けられた団体
2.過去当会より助成を受け、助成活動報告書を提出されていない団体(現在助成団体を除く)

【助成内容】
助成上限額:30万円(応募は1団体あたり1事業のみ)
助成総額:2,000万円(上限)を予定
※助成の対象となる費用
旅費交通費、賃借料、物品・資材・事務用品購入費など活動に直接必要な経費や人件費(謝金を含む)が対象です。ただし、人件費は助成申請額の2分の1を超えない額とします。

【応募方法】
こくみん共済coop HPより申請書をダウンロードし、応募期間内に以下の手続を行ってください。
(1)こくみん共済coop HPの応募フォームに必要事項を入力の上申し込み(期日:9月13日(火))
(2)申請書類一式の送信(期日:9月16日(金))

【問い合わせ先】
こくみん共済coop本部 地域貢献助成事務局
電話:03-3299-0161(代)(平日10時~17時 土日祝を除く)
mail:90_shakaikouken@zenrosai.coop

社会貢献者表彰 推薦者募集について(主催:公益財団法人社会貢献支援財団)

公益財団法人社会貢献支援財団主催の社会貢献者表彰について推薦募集が開始されましたのでお知らせします。

【目的】
国の内外を問わず、社会と人間の安寧と幸福のために貢献し、顕著な功績を挙げられながら、社会的に報われることの少なかった方々を表彰させていただき、そのご功績に報い感謝することを通じてよりよい社会づくりに資することを目的としています。

【対象】
●対象となる功績
・ 精神的・肉体的な著しい労苦、危険、劣悪な状況に耐え、他に尽くされた功績
・ 困難な状況の中で黙々と努力し、社会と人間の安寧、幸福のために尽くされた功績
・ 先駆性、独自性、模範性などを備えた活動により、社会に尽くされた功績
・ 海の安全や環境保全、山や川などの自然環境や絶滅危惧種などの希少動物の保護に尽くされた功績
・ 家庭で実子に限らず多くの子どもを養育されている功績
・その他の功績

●候補者について
(1) 年齢・職業・性別・信条などの制限はありません。
(2) 日本で活動する方、もしくは海外で活動する日本人を対象とします。
(3) 同種の功績により当財団の「社会貢献者表彰」を受賞されていない方とします。
(4) 候補となった功績と同一または同種の功績により、既に国の栄典(叙勲、褒賞)または大臣表彰等を受彰されている方は、選考の際、後順位とします。

【応募方法】
財団Webサイトの送信フォームもしくは郵送にて以下の書類を提出してください。
(1) 推薦書および功績書(定型)
(2) 添付書類:候補者の活動内容が掲載された機関誌、会報、新聞記事(コピー)、写真等
※原則として、推薦書・資料は返却いたしません。

【応募締切】
2022年10月31日(必着)

【問い合わせ先・推薦書類ご請求先】
公益財団法人社会貢献支援財団 事業部(飯田)
〒105-0003
東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町801
電話:03-3502-0910
FAX:03-3502-7190
mail:fesco@fesco.or.jp

2023年度競輪・オートレースの補助事業について(主催:公益財団法人JKA)

公益財団法人JKAは、競輪・オートレースの収益を広く社会に還元し、競輪・オートレースの持続的発展を通じ、社会貢献を果たすため、地方自治体が施行する競輪・オートレースの売上げの一部により、機械振興並びに公益事業振興に対する補助を行います。

【補助事業区分】
(1)機械振興補助事業
・振興事業補助
・研究補助
・年度内要望

(2)公益事業振興補助事業
・公益の増進
・社会福祉の増進
・復興支援
・研究補助
・年度内要望

補助対象となる活動及び団体、補助率・上限金額は競輪とオートレースの補助事業ホームページの2023年度補助方針をご覧ください。なお、2023年4月1日以降に事業を開始し、2024年3月31日までに完了することを原則とします。

【申請方法】
競輪とオートレースの補助事業ホームページにおける事業者登録及びインターネット申請が必要となります。別途要望書類を下記要望書類提出先まで提出してください。

【申請期間】
(1)下記(2)~(3)を除くすべての補助事業
2022年7月1日(金)10時~9月22日(木)15時

(2)公設工業試験研究所等及び研究補助
2022年10月12日(水)10時~11月17日(木)15時

(3)年度内要望
非常災害時等の支援
2023年度内において随時募集予定です。

【問い合わせ先・要望書類提出先】
公益財団法人JKA 補助事業部
〒108-8206
東京都港区港南一丁目2番70号 品川シーズンテラス25階

生産性革命推進事業について(中小企業庁)

内閣府より、中小企業等に向けた支援事業について周知依頼がありましたのでお知らせします。
令和3年度補正予算において、インボイス制度への対応に向けたIT導入補助金や持続化補助金といった予算措置が講じられています。
概要はこちらをご覧ください。PDFファイル[1000KB]
事業詳細やお問合せ先については中小企業生産性革命推進事業特設サイトをご覧ください。

社会貢献者表彰 候補者推薦募集について

 公益財団法人社会貢献支援財団では、国の内外を問わず、社会と人間の安寧と幸福のために貢献し、顕著な功績を挙げられながら、社会的に報われることの少なかった方々を表彰させていただき、そのご功績に報い感謝することを通じてよりよい社会づくりに資することを目的として推薦を募集しています。

対象功績、応募方法については財団HPをご覧ください。
推薦要領、推薦書、功績書はこちらPDFファイル[678KB]からご覧頂けます。

〈お問合せ先〉
公益財団法人 社会貢献支援財団
〒105-0003
東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町801
TEL:03-3502-0910
FAX:03-3502-7190

「孤独・孤立対策に取り組むNPO等への緊急支援策」のご案内

 孤独や孤立で悩まれている方に向けて様々な活動を行っているNPO等の方々の力をお借りし、孤独・孤立大祭に取り組むため、自殺防止の取組みや相談支援、居場所づくりなど、幅広い分野のNPO等に対する当面の緊急支援策を国の関係省庁が連携して支援するものです。

・生活支援等・自殺防止対策
・フードバンク支援・子ども食堂等への食材提供に係る補助
・住まいの支援

※担当省庁、補助額(率)及び募集期限等は、各支援策によって異なりますので、詳しくは内閣官房HPをご覧ください

JT SDGs 貢献プロジェクト~包摂的かつ持続可能な地域社会の発展に向けて~

 日本たばこ産業株式会社(JT)は、責任ある地域コミュニティの一員として、自然・社会・人間の多様性に価値を認め、「格差是正」、「災害分野」、「環境保全」の3領域を重点課題と位置づけ、様々な社会貢献活動に取り組んでいます。その一環として、地域社会の様々な団体とのパートナーシップを基盤に、上記3領域に取り組む団体の事業に助成します。(応募受付期間:通年)

詳しくは、https://www.jti.co.jp/sustainability/community_investment/sdgscontribution/index.htmlをご確認ください。

併せて、JT東北支社のSDGsへの取り組みについてもご紹介いたします。
詳しくは、「JT東北支社 SDGsへの取り組み」PDFファイル[2754KB]をご覧ください。

<お問い合わせ先>
JT SDGs 貢献プロジェクト外部事務局
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル244
公益社団法人日本フィランソロピー協会内
e-mail :jt_sdgs@philanthropy.or.jp

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
電話:017-734-9207  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter