ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境政策課 > スマートムーブ通勤アワード

関連分野

更新日付:2022年1月28日 環境政策課

スマートムーブ通勤アワード

スマートムーブ通勤アワードとは?

 県では、自動車からの二酸化炭素排出量削減に向けて、公共交通機関や徒歩、自転車などの環境にやさしい通勤手段への転換や、マイカー通勤時のエコドライブに取り組むきっかけづくりとして、平成29年から10月を「スマートムーブ通勤月間」と設定しています。
 参加事業所のうち、スマートムーブ通勤月間の趣旨を理解し、優れた取組を行った事業所を表彰し、その取組事例を紹介しています。

 スマートムーブ通勤月間についてはこちらを御覧ください。

令和3年度「スマートムーブ通勤月間アワード」

令和3年度の受賞者は次の4事業所に決定しました。
(※表彰式は新型コロナウイルス感染症拡大状況を考慮し中止となりました。)
カットショップショーン(青森市)
 自社内での取組に止まらず、通勤月間の前後の2回にわたり、お客様用フリーペーパーでスマートムーブに取り組んでいることを紹介するとともに、お客様への呼びかけを行い、スマートムーブの普及に努めました。
日本郵便株式会社青森西郵便局(青森市)
 エコドライブに対する意識を高めるため、全社員が「スマートムーブ通勤月間に関する宣言書」を書くとともに、全社員に「エコドライブ10のすすめ」を配布し、エコドライブに関する知識を高めました。
株式会社小山内組(平川市)
 週末には洗車やタイヤの空気圧チェックを行うなど、日頃から低燃費走行に取り組むとともに、マイカー通勤者は、燃費管理表の作成・確認によりエコドライブの意識を高め、コロナ対策を講じた上での乗り合い通勤にも取り組みました。
株式会社小坂工務店(三沢市)
 スマートムーブ出張講座を受講した経験を活かし、安全運転やエコドライブに取り組まれたほか、通勤手当とは別に独自のエコ通勤制度(週3日以上又は月12日以上徒歩又は自転車通勤を行った者に手当を支給)を設定し、スマートムーブ通勤に取り組まれました。

これまでの受賞者

令和2年度受賞者

令和2年度の受賞者は次の4事業所に決定し、令和3年1月22日(金)青森県庁にて、表彰式を執り行いました。

令和2年度受賞者一覧PDFファイル

  • r2
    令和2年度スマートムーブ通勤アワード受賞者の皆様

令和元年度受賞者

令和元年度の受賞者は次の3事業所に決定し、令和2年1月14日(火)ラ・プラス青い森にて、表彰式を執り行いました。

令和元年度受賞者一覧PDFファイル

  • r2
    令和元年度スマートムーブ通勤アワード受賞者の皆様

平成30年度受賞者

平成30年度の受賞者は次の3事業所に決定し、平成31年1月11日(金)アピオあおもりにて、表彰式を執り行いました。

平成30年度受賞者一覧PDFファイル

  • h30
    平成30年度スマートムーブ通勤アワード受賞者の皆様

平成29年度受賞者

平成29年度の受賞者は次の3事業所に決定し、平成30年1月9日(火)県民福祉プラザにて、表彰式を執り行いました。

平成29年度受賞者一覧PDFファイル

  • h30
    平成29年度スマートムーブ通勤アワード受賞者の皆様

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 地球温暖化対策グループ
電話:017-734-9243  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter