ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 環境政策課 > リサイクル産業支援セミナーを開催します

関連分野

更新日付:2022年9月15日 環境政策課

リサイクル産業支援セミナーを開催します

~ リサイクル産業に携わる事業者の方、関心をお持ちの方は是非お越しください ~
『資源循環技術のこれから』に関する講演のほか、県内企業の取組紹介等を行う予定です。【参加無料】

開催の趣旨

 循環型社会を形成していくためには、廃棄物の適正処理と資源の循環利用を一体的に推進していく必要があります。
 本県では、平成17年4月に「青森県リサイクル製品認定制度」を創設し、リサイクル産業の育成・振興に取り組んでいるところですが、この度、県内のリサイクル産業とプラスチック資源循環の一層の発展を目指して、「リサイクル産業支援セミナー」を開催します。

主催

青森県
あおもり循環型社会推進協議会(事務局:一般社団法人青森県産業資源循環協会

日時 ・ 場所

【日時】 令和4年11月7日(月) 13時30分~15時35分(開場13時00分)
【会場】 ウェディングプラザアラスカ 4階「ダイヤモンド」 (青森市新町1-11-22)
会場参加のほか、Zoomによるライブ配信、YouTube後日配信も行います。いずれも事前申込が必要です。

内容

◆ 講演
「資源循環技術開発のこれから」


講師:国立大学法人弘前大学 地域戦略研究所 新エネルギー研究部門 准教授 吉田 曉弘氏

内容:
 近年、SDGsやCO2排出削減といった環境意識の向上や、原油や資源価格の高騰により、様々な物質の有効利用、すなわち資源循環の必要性が高まっています。
 講演では、県内の海岸漂着プラスチックごみや農漁業系廃棄物の資源循環に関する研究の実例とともに、これらの研究を通して得たこれからの資源循環技術についてのビジョンを紹介します。
◆ 県内企業の取組
「廃棄物を原料としたメタン発酵 バイオガスエネルギーとわだ(B-GET)」


講師:県南環境保全センター株式会社 業務本部 次長 今泉慎吾氏
内容:
 青森県で初めて食品残渣や有機汚泥などの一般廃棄物と産業廃棄物を原料としたメタン発酵処理を行う施設として、「バイオガスエネルギーとわだ(B-GET)」を稼働しました。発生したバイオガスを発電に利用し、またメタン発酵の残渣を肥料化するなど廃棄物を地域資源として有効利用し地域社会へ還元しています。

参加対象

リサイクル産業に従事している方、関心をお持ちの方など【参加無料】

申込方法

mousikomiqrcode
青森県電子申請・届出システムからお申込みできます。

青森県電子申請・届出システムへのリンク

スマートフォンからはQRコードをご利用ください。
また、申込書に必要事項をご記入の上、E-mail、郵送、FAXでお申し込みもできます。

申込書(開催案内チラシの裏面をご利用ください)PDFファイル

【申込期限】令和4年10月24日(月)
※会場参加については定員100名になり次第、申し込みを終了させていただきます。


いただいた個人情報は、本セミナーの運営のみに使用します。

留意事項

 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、以下の点に御留意ください。
・セミナー参加時はマスクの着用をお願いします。また、受付時に手指消毒をお願いします。
・セミナー参加時に発熱や風邪症状がある場合は、参加を自粛されるようお願いします。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 循環型社会推進グループ
電話:017-734-9249  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter