ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > 食の安全・安心推進課 > 米トレーサビリティ制度について

更新日付:2020年7月31日 食の安全・安心推進課

米トレーサビリティ制度について

■ 新着情報

令和2年度青森県米トレマスター養成研修会 受講者募集中!

令和2年度青森県米トレマスター養成研修会チラシ
 米飯類を提供している飲食店営業事業者や、米・米加工品を出荷・販売する生産者等を指導する立場の方等を対象に、米トレーサビリティ制度の理解を深めていただき、消費者への産地情報伝達が正しく行えるよう養成する研修会を開催します。

1 開催日時および会場
(1)弘前市会場
   令和2年9月25日(金) 14時00分~16時00分
   弘前合同庁舎別館3階A・B会議室(弘前市蔵主町4)
(2)八戸市会場
   令和2年9月28日(月) 14時00分~16時00分
   八戸合同庁舎4階大会議室(八戸市大字尻内町鴨田7)
(3)青森市会場
   令和2年9月30日(水) 14時00分~16時00分
   県庁南棟2階中会議室 (青森市長島1-1-1)

2 受講対象者
(1)消費者に米飯類を提供している県内の飲食店営業事業者(食堂・レストラン、弁当・仕出し店、旅館、寿司店等)
 及びその従業員
(2)県内の直売所等施設において、米・米加工品を出荷・販売する生産者等を指導する立場の方
(3)県内において米や米粉を原料として食品を製造し、消費者へ販売している方

3 定員
   各会場30名(定員になり次第、募集を締め切ります)
   ※受講ができない場合のみ、連絡をさしあげますのでご了承ください。

4 研修内容
   飲食店等で実際に行われる米穀等の取引記録方法やお客様への産地情報の伝達方法などについて、米トレーサ
 ビリティ法に基づいた実践や指導ができるレベルの研修を行います。

(1)講義:「米トレーサビリティ制度の概要」
   米トレーサビリティ法制度の基礎について学習します。
(2)演習:「記録等管理演習」
   飲食店等で使用される米穀等の取引等の記録や記録管理の方法について、実際のケースをいくつか想定し、それ
 ぞれのケースに対応した記録方法を研修します。
(3)演習:「消費者への産地情報伝達演習」
   飲食店等でお客様(消費者)へ提供する米飯類の産地情報の伝達方法について、いくつかのケースを想定し、
 それぞれのケースに対応した産地情報伝達の手法を研修します。

5 参加料
   無料

6 参加申込み方法
   参加を希望する場合は、令和2年9月11日(金)までに、FAX、メールまたは郵送にて事務局(青森県農林水産部食
 の安全・安心推進課)へお申込みください。
   申込みにあたっては、上記の参加申込書をご活用ください。

7 その他
   当日は、筆記用具の準備、マスクの着用をお願いします。
   新型コロナウイルス感染症等の状況から、研修会の開催を延期又は中止する場合がありますので、予めご了承く
 ださい。※研修会が延期又は中止となった場合は、応募者全員にご連絡させていただきます。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う米トレーサビリティ法の弾力的運用について

・新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた米トレーサビリティ法の弾力的運用について
  令和2年4月10日、農林水産省及び消費者庁は、一般消費者に対し容器又は包装への表示により、産地情報の伝達を行っている商品について、商品の容器又は包装の表記と実際に使用されている原材料の産地に齟齬(そご)がある場合であっても、一般消費者に対して、店舗等内の告知、社告、ウェブサイトの掲示等により当該商品の適正な産地に係る適時適切な情報伝達がなされている場合に限り、米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律(米トレーサビリティ法)第8条の規定を弾力的に運用する旨を発表しました。
  なお、今回の運用は、米穀等に関する適正かつ円滑な流通を確保するために講じるものであり、一般消費者を欺瞞(ぎまん)するような悪質な違反に対しては、これまでどおり厳正な取締りが行われます。
  詳しくは以下の各省庁のHPをご確認ください。

農林水産省  :  https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansi/200410.html
消費者庁    :  https://www.caa.go.jp/notice/entry/019585/
【関連】青森県庁HP(食品表示について) : http://www.pref.aomori.lg.jp/life/shoku/110ban00.html


米トレーサビリティ法とは?

米トレーサビリティ法は、大きく2つの内容から構成されています。

(1) トレーサビリティの確保のため、米穀等(米や米加工品)を取引したとき等に
 その内容について記録を作成・保存すること。

(2) 消費者が産地情報を入手できるように指定米穀等(米穀等から非食用のものを
 除いたもの)を取引する際にその米穀自体や原料に用いられている米穀の産地を
 相手に伝達すること。

これらをとおして、国民の健康の保護、消費者の利益の増進並びに農業と食関連産業の
健全な発展を図ることを目的としています。

対象事業者

対象品目となる米・米加工品の販売、輸入、加工、製造または提供の事業を行う事業者の方すべてが対象となります。
(生産者をはじめ、米加工品製造事業者、流通事業者、外食事業者のなどの皆さんが対象になります。)

対象品目となる米・米加工品

○米穀(もみ、玄米、精米、砕米)
○米粉や米粉調製品、米こうじ、米菓生地等の中間原材料
○米飯類
○もち
○だんご
○米菓
○清酒
○単式蒸留焼酎
○みりん

米トレーサビリティ法の概要

「米トレーサビリティ法」の概要[農林水産省ホームページ]

パンフレット・ポスター

  • 【パンフレット】米の新たな流通監視措置について(平成27年4月版)[農林水産省]
    米の流通規制について
    (平成27年4月版)
  • 【パンフレット】米トレーサビリティ法とは(令和2年4月版)[農林水産省]
    米トレーサビリティ法とは
    (令和2年4月版)
  • 【パンフレット】+加工製造業者の皆様へ(令和2年4月版)[農林水産省]
    加工製造業者の皆様へ
    (令和2年4月版)
  • 【パンフレット】外食事業者の皆様へ(令和2年4月版)[農林水産省]
    外食事業者の皆様へ
    (令和2年4月版)
  • 【パンフレット】+小売販売事業者の皆様へ(令和2年4月版)[農林水産省]
    小売販売事業者の皆様へ
    (令和2年4月版)
  • 【パンフレット】生産者の皆様へ(令和2年4月版)[農林水産省]
    生産者の皆様へ
    (令和2年4月版)
  • 【パンフレット】流通業の皆様へ(令和2年4月版)[農林水産省]
    流通業者の皆様へ
    (令和2年4月版)
  • 【ポスター】 お米の産地がわかります(平成23年3月版)[農林水産省]
    お米の産地が
    わかります
    (平成28年4月版)
  • 【ポスター】事業者向けポスター(令和2年4月版)[農林水産省]
    事業者向けポスター
    (令和2年4月版)
各パンフレット及びポスターは農林水産省のホームページからダウンロードできます。

米トレーサビリティ制度Q&A

米トレーサビリティ制度Q&A(平成30年7月)[農林水産省][366KB]

青森県米トレマスター養成研修

県では、米穀および米穀を原材料とする飲食料品を提供している飲食店営業事業者などの方々を対象に、講義等の受講をとおして、米トレーサビリティ法制度への理解を深め、消費者への産地情報伝達が正しく行えるよう養成する「青森県米トレマスター養成研修会」を、毎年9月に開催しています。

「米トレマスター」とは?

青森県米トレマスター養成研修の受講者で修了証の交付を受けた方をいいます。
 本研修の受講者は、自らが営業又は勤務する飲食店等の施設において、現状のケースに限定することなく、米穀等の取引記録方法の改善、またお客様への産地情報伝達の方法などについて、米トレーサビリティ法に準じた適切な方法を実践・指導ができるレベルの学習をしています。

米トレマスターのいるお店

 県では、米トレマスターのいるお店を地域における模範的な営業店舗施設として、事業者の適正な取組を促進し、消費者の信頼確保につなげることを目的に掲載します。

|| 登録・公表の実施要領 || PDFファイル 209KB
R1米トレマスター事業者数
jigyousyo_tousei
jigyousyo_tyunan
jigyousyo_sanhati
jigyousyo_seihoku
jigyousyo_kamikita
jigyousyo_simokita
※各地域50音順に記載

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課 企画調整グループ
電話:017-722-1111(内線5034)  FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度