ホーム > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習課 > 文部科学大臣表彰について─優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰

更新日付:2021年4月6日 生涯学習課

文部科学大臣表彰について─優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰

 優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰について、表彰の趣旨や被表彰活動及び団体を紹介します。

優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰(※隔年実施)

〇趣旨
 子供たちの健やかな成長のためには適切な運動、調和のとれた食事、十分な休養・睡眠など基本的な生活習慣が大切であることに鑑み、その定着に向けた取組の一層の推進を図るため、「早寝早起き朝ごはん」運動などの子供の生活習慣づくりに関する活動(以下「『早寝早起き朝ごはん』運動等」という。)のうち、特色ある優れた実践を行い、地域全体への普及効果の高いと認められるものに対し、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰を行う。

〇表彰の対象
 表彰は、「早寝早起き朝ごはん」運動等の活動のうち、その内容が他の活動と比較して顕著に優れ、地域全体への普及効果の高いと認められるものに対して行うものとする。
〔表彰対象の基準〕
 組織、運営及び活動について、概ね以下に掲げる内容の活動であること。
(1) 組織、運営
 地域の実情に応じた組織により、効果的かつ持続可能な運営が行われていること。
(2) 活動
 ア 学校や保育所(以下「学校等」という。)、保護者、地域住民等の意見や状況等を反映した取組が活発かつ継続的に行われていること。
 イ 学校等や地域の子育て関係団体、保護者、企業など、地域全体が参画するための創意工夫がなされ、当該地域の子供の生活習慣の改善に効果をあげていること。

〇令和2年度被表彰活動及び団体
「東英きっず 元気UPる大作戦」 (黒石市立東英小学校)
【概要】
・「心つなぎ、心みがき」を合い言葉に、学校・家庭・地域が連携した「健康教育」に取り組んでいる。基本的生活習慣が形成され、学校教育に関する保護者の意識が高まるとともに、保護者と学校との協働的な活動が行われている。
・学校行事等を地域住民に積極的に公開することにより、地域の人的・物的教育資源の活用を図ることができるようになった。また、地域の大人との学びの場(ふるさと学習夏休み宿泊体験)を提供する公民館事業と連携し、地域の活性化、地域力の向上に貢献している。

文部科学大臣表彰伝達式
令和2年度優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰の表彰状伝達式(令和3年3月30日)

(左から)黒石市立東英小学校 黒瀧順子養護教諭、和嶋延寿教育長、黒石市立東英小学校 角田元伸校長

〇過去の被表彰活動一覧PDFファイル[69KB]

令和2年度優れた「早寝早起き朝ごはん」運動の推進にかかる文部科学大臣表彰について(文部科学省HPへ)

文部科学大臣表彰について(生涯学習・社会教育関係)に戻る


あおもりの生涯学習-楽しむ 高める 生かす- 《 HOME 》

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県教育庁 生涯学習課 地域連携推進グループ
電話:017-734-9890(直)  FAX:017-734-8272

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度