ホーム > 組織でさがす > 教育委員会 > 文化財保護課 > 十和田湖および奥入瀬渓流

関連分野

更新日付:2021年3月10日 文化財保護課

十和田湖および奥入瀬渓流

記念物(名勝等)

十和田湖および奥入瀬渓流

  • 十和田湖および奥入瀬渓流
    写真提供 青森県観光連盟
指定区分 特別名勝及び天然記念物
名称 とわだこおよびおいらせけいりゅう
十和田湖および奥入瀬渓流
所在地 十和田市、秋田県鹿角郡小坂町
指定年月日 名勝及び天然記念物:昭和3年4月12日
特別名勝及び天然記念物:昭和27年3月29日
公開状況 公開
問合わせ先 十和田市教育委員会スポーツ・生涯学習課
 TEL0176-58-0184

 十和田湖は青森、秋田両県の県境部に位置し、指定の範囲は、秋田県鹿角郡小坂町にも及んでいる。二重式カルデラ湖と考えられており、湖の形はほぼ四角形をしているが、南東岸から御倉、中山両半島が湖の中央に向かって突き出ている。
 十和田湖の美しさは、火山活動によって雄大な岸壁や断崖を始めとして、岬や入江そして砂浜が美しく配置され、地形に合った名がつけられている。新緑、紅葉の季節には周りの景色と湖水の美しさが見事である。
 奥入瀬渓流は十和田湖が作ったものである。子の口~焼山間約14kmあるが、この間に急流・早瀬・深淵・緩い流れがあり、谷の両側には、大小の滝がある。さらに、トチノキ、サワグルミ、カツラを主とする河畔林が発達し、林床にはシダ類が多く見られる。また、林内の樹幹や岩上には、コケ類が着生して景色を引き立てている。新緑や紅葉の季節には水の流れと景色が特に美しい。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter