ホーム > 組織でさがす > 教育委員会 > 文化財保護課 > 木造舞楽面及び龍頭

更新日付:2021年5月24日 文化財保護課

木造舞楽面及び龍頭

県重宝(彫刻)

木造舞楽面及び龍頭

  • bugakumen
    青森県教育委員会撮影
指定区分 県重宝
名称及び員数 もくぞうぶがくめんおよびりゅうとう
木造舞楽面及び龍頭  舞楽面 11面 猿楽面 1面 龍頭 4点
所在地 青森市本町2丁目8-14(青森県立郷土館)
所有者 個人
指定年月日 令和3年2月1日
公開状況 非公開
問合せ先 青森県立郷土館 017-777-1585

 本資料は、南部町斗賀神社内にある厨子両脇の木箱内に収められていたが、現在は青森県立郷土館に寄託され、保管されている。
 舞楽面及び猿楽面は、「斗賀の霊現堂」と呼ばれているお堂に関わる行事で使用されていたと考えられ、造形及び技法より鎌倉時代末ないし南北朝時代(14世紀)及び南北朝時代(15世紀から16世紀)の作と考えられる。猿楽面は16世紀の作である。
 また、併せて舞楽を上演する際に舞台の四隅に立て、幡を吊るす龍頭が4個あり、当該舞楽面と併せて使用したものと考えられる。
 鎌倉時代の作と推定される面は、はっきりとした面相、眉間や頬の筋肉を強調した表現等、奥行き感や立体感があり、全体のバランスが良い。
 龍頭は、一材から掘出され、棒状の軸端に龍頭を表している。目から鼻先にかけて細かく造作している。
 舞楽を上演する舞台の四隅に立て幡を吊るした中世の龍頭が4点そろって残っているのは、全国でもほかに1例(京都府宮津市籠(この)神社)しかなく、史料等の裏付けはないものの、龍頭の存在から明らかに実際に使用されていたものと思われる。
 現況では県内最多の点数で、青森県下では青森市大星神社の9面、弘前市岩木山神社の3面、八戸市櫛引八幡宮の9面の三社伝来舞楽面(いずれも県重宝)に次ぐ中世の面で、その作風も地方色はあるが一定の水準にある。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度