ホーム > 組織でさがす > 教育委員会 > 文化財保護課 > 円覚寺薬師堂内厨子

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

円覚寺薬師堂内厨子

重要文化財(建造物)

円覚寺薬師堂内厨子

  • 円覚寺薬師堂内厨子
    写真提供 深浦町教育委員会
指定区分 重要文化財
名称及び員数 えんかくじやくしどうないずし
円覚寺薬師堂内厨子  1基
所在地 西津軽郡深浦町深浦字浜町275
所有者 円覚寺
指定年月日 昭和28年8月29日
公開状況 公開(有料)
問合せ先 深浦町教育委員会教育課
 TEL0173-74-4419

時期 〈室町時代前期〉
 いわゆる1間の建築型厨子で、入母屋造の板葺屋根を載せている。三手先詰組の組物や二軒扇垂木の軒廻りなど、禅宗様に則って造られており、正面の頭貫と飛貫の間の網目に梵字を透かし彫りにした欄間や、小脇壁や腰の装飾彫刻など、華麗な技法も加わって優 れたものをみせている。
 この厨子の造立年代を決める手だては、今のところ見当たらない。寺伝では嘉応年間(1169~70)に鎮守府将軍藤原基衡の寄進というが、厨子の形式や手法からみた年代とは合致しない。寺蔵の薬師堂鰐口と伝えるものに至徳2年(1385)の銘があり、また厨子の覆堂の棟札には永正3年(1506)の記年があり、この年代も考慮する必要があるかもしれない。
 建築型厨子の出現の時期や、その構造形式や技法、それに意匠の点からみて、室町時代前期の作ではないかと考えられ、県内でもっとも古い建造物である。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学に関するお問い合わせは、所有者又は各市町村教育委員会へお願いしま す。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度