ホーム > 組織でさがす > 教育委員会 > 文化財保護課 > 漆掻き用具製作

関連分野

更新日付:2009年3月31日 文化財保護課

漆掻き用具製作

選定保存技術(選定)

漆掻き用具製作

  • 漆掻き用具製作
    写真提供 田子町教育委員会
指定区分 選定保存技術(選定)
名称 うるしかきようぐせいさく
漆掻き用具製作
所在地 三戸郡田子町田子
保持者 中畑 文利
選定年月日 平成7年5月31日
問合せ先 田子町教育委員会教育課
 TEL0179-20-7070

 漆採取には、漆樹を痛めず良質の漆を多く採集するため、特別に発達した道具が使用されてきた。
  荒皮を剥ぐための曲り鎌、樹幹に溝をつけるための掻き鎌、漆液を採る掻き篦、漆を桶に移し替えるときに使う金属箆のゴクリ、最後の漆を採るときに荒皮を剥くエグリ鎌等があり、これらの用具は、掻さ手の要望に応じて一本ずつ微妙に調整して製作されている。
  現在、全国でも唯一の技術者が中畑氏であり、亡父(中畑長次郎氏)と2代続けて保持者として認定され、技術の保存・伝承を図っている。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

文化財保護課 
電話:017-734-9919  FAX:017-734-8280
※見学等に関するお問い合わせは、市町村教育委員会へお願いします。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter