ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 下北地域県民局地域健康福祉部福祉こども総室(下北地方福祉事務所・むつ児童相談所) > 母子父子寡婦福祉

関連分野

◇相談指導◇

母子父子自立支援員が母子父子家庭、寡婦の自立に必要な情報提供や相談指導等の支援を行います。

◇母子父子寡婦福祉資金◇

母子父子及び寡婦世帯に対して、経済的自立の助成と生活意欲の助長を図るための資金の貸付を行っています。

貸付資金の種類と内容

  ※貸付限度額、償還期限等詳しい内容につきましては、当福祉こども総室福祉調整課までお問い合わせください。

〇事業開始資金
 事業を開始するのに必要な設備、什器、機械等の購入資金
〇事業継続資金
 現在営んでいる事業を継続するために必要な商品、材料等を購入する運転資金
〇修学資金
 高等学校、大学、高等専門学校又は専修学校に就学するための授業料、書籍代、交通費等に必要な資金
〇技能習得資金
 (1)自ら事業を開始し又は会社等に就職するために必要な知識技能を習得するために必要な資金
 (2)高等学校に就学する場合の就学及び入学に必要な資金
〇修業資金
 事業を開始し又は就職するために必要な知識技能を習得するための資金
〇就職支度資金
 就職するために直接必要な被服、履き物等及び通勤用自動車等を購入する資金
〇医療介護資金
 医療又は介護(医療又は介護を受ける期間が1年以内の場合に限る)を受けるために必要な資金
〇生活資金
 (1)技能習得資金を借り受けて知識技能を習得している間
 (2)医療又は介護を受けている間
 (3)母子家庭になって間もない(7年未満)母の生活を安定・維持する間
 (4)失業中の生活を安定・維持するのに必要な生活補給資金
〇住宅資金
 住宅を建設し、購入し、補修し、保全し、改築し又は増築するのに必要な資金
〇転宅資金
 住宅を移転するための住宅の賃借に際し必要な資金
〇就学支度資金
 就学、修業するために必要な被服等の購入に必要な資金
〇結婚資金
 母子父子家庭の母が扶養する児童、寡婦が扶養する20歳以上の子の結婚資金

◇母子家庭等自立支援教育訓練給付費補助事業◇

町村に在住の母子家庭の母又は父子家庭の父が就業に結びつくような講座を受講した場合、その費用の一部を助成します。
(事前に手続きが必要です)

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域健康福祉部福祉こども総室
電話:0175-22-2296(直通)  FAX:0175-23-1103

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter