ホーム > 組織でさがす > 地域県民局 > 西北地域県民局地域健康福祉部保健総室(五所川原保健所) > 5月31日は世界禁煙デー、5月31日~6月6日は禁煙週間です!

関連分野

更新日付:2022年5月27日 西北地域県民局地域健康福祉部保健総室(五所川原保健所)

5月31日は世界禁煙デー、5月31日~6月6日は禁煙週間です!

 喫煙は、がんや生活習慣病など、体に大きな悪影響を及ぼします。
 また、喫煙者の健康だけではなく、受動喫煙によって周囲の方々にも健康被害を及ぼすため、喫煙習慣は個人の嗜好にとどまらない健康問題となっています。

 毎年5月31日は、世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」です。
 厚生労働省では、平成4年に世界禁煙デーから始まる1週間を「禁煙週間(5月31日~6月6日までの1週間)」と定めました。
 令和4年度のテーマは、「たばこの健康影響を知ろう!~若者への健康影響について~」とし、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に行います。令和4年4月1日から成年年齢が引き下げられましたが、喫煙の年齢制限については、20歳以上のままです。それは若くから喫煙を続けることで、がんや脳卒中などの生活習慣病や、慢性閉塞性肺疾患いわゆるCOPDなどの呼吸器疾患になるリスクがより高くなるからです。

≪ すでに始まっております!施設の禁煙化  🚭 ≫
 令和元年7月1日から、病院、学校、児童福祉施設、行政機関などの施設が原則敷地内禁煙となっています。
 そして、令和2年4月1日から、飲食店や事業所など、多数の者が利用する施設が、原則屋内禁煙となっています。また、この法律に違反した場合、保健所による指導・処分等の対象となる場合があります。
 改正の詳しい内容は、厚生労働省のホームページ「なくそう!望まない受動喫煙。」にてご確認いただけます。
 また、五所川原保健所では、施設の受動喫煙防止対策等に関する相談を随時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

 禁煙は、喫煙をしている方の健康を守るだけでなく、その周囲の大切な方の健康も守ります。
 自分自身と大切な方のために、この機会に禁煙を始めてみましょう!


 ◎保険適用で禁煙治療ができる医療機関の紹介
  •  
  •    

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

西北地域県民局地域健康福祉部保健総室(五所川原保健所)
電話:0173-34-2108  FAX:0173-34-7516

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter