ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 自然保護課 > クマに注意してください!

更新日付:2017年9月8日 自然保護課

クマに注意してください!

ツキノワグマ出没注意報の発表について (NEW)

!ツキノワグマ出没注意報を発表します!
 平成29年8月20日に十和田湖畔宇樽部の山林で70代男性がツキノワグマに襲われる被害が発生しました。
 このことにより、平成29年のツキノワグマによる人身被害が5件となり、例年と比較して増加していること、今後も人身被害等の発生が懸念される状況となっていることから、次のとおりツキノワグマ注意報を発表します。
 県民の皆さんは、ツキノワグマに出会わないよう十分注意してください。
<注意報の内容等>
1 注意報発表期間
 平成29年8月21日~平成29年11月30日

2 発表区域

 県内全域

3 発表理由

 ツキノワグマによる人身被害は、平成24年以降は0から3件で推移していましたが、平成23年以降6年ぶりに5件の人身被害が発生しており、今後の人身被害の発生が懸念されるためです。
(ツキノワグマ出没注意報等発表実施要領第3条第3号に規定する「その他クマの出没による人身被害等の発生が懸念されるとき」に該当)

4 注意喚起の内容(クマ被害の防止方法)

 ・クマの出没情報に気を配り、出没が確認されている場所には近付かない
 ・山に入るときはなるべく複数で、音を出しながら歩く 等
 ※ツキノワグマ被害防止のためのリーフレットも御参照ください。

5 今後の対応

 (1) 各市町村、関係団体等に対し注意報発表を通知します。
 (2) 県の広報媒体を活用した県民への注意喚起を行います。
 (3) 現場周辺施設等におけるリーフレットの配付、設置を依頼します。
 
<参考>

クマに注意してください!

クマは春先に冬眠から目覚め、5月頃~11月頃まで山菜、昆虫、木の実などの食物を探してよく動き回ります。
山菜採りやキノコ採り、登山など、山への行楽の際には被害にあわないようご注意ください。
<注意情報>
秋田県では、昨年死傷事故が発生した鹿角市大湯地周辺地域の立入規制を行っていますので、当該規制地域には、近づかないようご協力をお願いします。
詳細な規制区域等については、秋田県ホームページをご覧ください。

◎秋田県HP ツキノワグマ情報
http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/23295
<更新情報>
 H29.9. 5 ツキノワグマ出没対応マニュアルを更新しました。 
 H29.5.29 クマ出没状況(最新情報)の掲載を開始しました。
 H29.4.18 平成28年クマ出没マップ・ツキノワグマ被害防止のためのリーフレットを掲載しました。
クマに出会わないために
1.あらかじめクマ出没情報に注意し、出没地域には入らない。
2.必ず2人以上で行動し、単独で山には入らない。
3.食べ残しや食べ物の容器等を野外に置かない。クマをその場所に引き寄せる原因になる。
4.夕暮れや明け方はクマが活発な時間なので注意する。
5.クマの足跡や糞などを見つけた場合は、その先には進まず引き返す。
6.鈴や笛、ラジオなどを身につけ、周りに音を出しながら行動する。
 
クマに出会ってしまったら
1.後ずさりしながら静かに立ち去る。
2.大声を上げたり、攻撃したり、背中を見せて走らない。(逃げるものを追う習性があります)
3.子グマを見ても決して近寄らない。(近くに必ず親グマがいます)
 
クマ出没状況(最新情報)
※ 出没状況は、県警察本部や関係機関から提供いただいた情報を基に更新しています。

青色・・・目撃発生場所
緑色・・・食害発生場所
赤色・・・人身被害発生場所

クマ出没マップ
クマ出没状況等(平成29年9月8日現在)
※数値は暫定値で、警察に寄せられた情報のみの件数となっています。
項目 本年 前年同期 増減 前年総数
クマ出没件数
(出没件数のうち)目撃
(出没件数のうち)食害
(出没件数のうち)人的被害
301
266
 30
   5
396
367
 29
▼  95
▼101
+   1
+   5
502
450
 52

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

自然保護課 自然環境グループ
電話:017-734-9257 FAX:017-734-8072

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度