ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 県民生活文化課 > あおもりプロボノセミナー

更新日付:2022年6月2日 県民生活文化課

あおもりプロボノセミナー

 県では、仕事を通じて得た経験や知識等をボランティアとして提供し、NPO等の活動基盤の強化につなげる「プロボノ」の取組を県内に普及させていくため、青森プロボノプロジェクトの一環として、「あおもりプロボノセミナー」を開催しています。

 このセミナーでは、地域の課題解決に取り組んでいるNPO等団体に対し、プロボノで支援することについての知識と理解を深めることができます。

インフォメーション

「あおもりプロボノセミナー(説明会)」を開催します!(令和4年5月23日掲載)

今年度も、プロボノがNPOなどの地域団体の支援にチャレンジする「青森プロボノチャレンジ2022」を実施します。
これに先立ち、プロボノの基礎知識や青森プロボノチャレンジの趣旨、今年度プロボノが支援する地域団体及び支援内容などを紹介するセミナー(説明会)を開催しますので、興味のある方はぜひご参加ください!

【開催日時】
1回目 令和4年7月9日(土)10時~12時
2回目 令和4年7月13日(水)18時30分~20時30分

1回目と2回目は同じ内容です。いずれかご都合のよい方にご参加ください。

【開催場所】
青森県観光物産館アスパム 6階 岩木
(青森市安方1丁目1番40号)
1回目、2回目ともに同じ会場です。
また、オンライン参加も可能です。

【開催内容】
「プロボノとは?」、「青森プロボノチャレンジはいつどんなことをするの?」などについて、詳しく知ることができます。

【対象】
企業などに勤務している方、個人事業者、公務員、アクティブシニアの方など

【ふるさとプロボノの募集について】
県では、県外から「青森プロボノチャレンジ」に参加される方を、「ふるさとプロボノ」と呼んでいます。
本県出身で現在は県外にお住まいの方や、本県に興味をお持ちの方等のご参加もお待ちしております!
詳細は「ふるさとプロボノ募集リーフレット」をご覧ください。PDFファイル[1088KB]

【申込期限】
青森県電子申請・届出システムからの申込:令和4年7月6日(水)
チラシ裏面によるFAXでの申込:各回前日まで


チラシのダウンロードはこちらからどうぞPDFファイル[553KB]

あおもりプロボノセミナー(説明会)チラシ(表)
あおもりプロボノセミナー(説明会)チラシ
ふるさとプロボノ募集リーフレット
ふるさとプロボノ募集リーフレット

過去の開催状況

プロボノチャレンジ2021(セミナー・説明会参加者募集)チラシ
今年度も、プロボノがNPO等団体の支援にチャレンジする「青森プロボノチャレンジ2021」を実施します。
これに先立ち、プロボノの基礎知識を知る「あおもりプロボノセミナー」と、プロボノチャレンジに参加してみたい方向けの「プロボノチャレンジ説明会」を開催しますので、ぜひご参加ください。(いずれかのみの参加も可能です。)

チラシのダウンロードは左の画像またはこちらをクリックしてください。PDFファイル[2164KB]

あおもりプロボノセミナー開催概要

【開催日時】 令和3年7月2日(金) 18時30分~20時

【開催場所】

青森県観光物産館アスパム 6階 八甲田(青森市安方1丁目1番40号)

【開催内容】
「プロボノとは?」を詳しく知ることができます。
〈講師〉認定NPO法人サービスグラント 代表理事 嵯峨生馬氏

【対象】
どなたでもご参加できます。

【申込期限】 6月29日(火)

参加申し込みは、こちらをクリックして申込みフォームからどうぞ。

青森プロボノチャレンジ説明会概要

【開催日時】
1回目 令和3年7月16日(金) 18時30分~20時00分
2回目 令和3年7月17日(土) 10時00分~11時30分
※ご都合のいい回次にご参加ください。

【開催場所】

アピオあおもり 2階 大研修室2(青森市中央3丁目17番1号)

【開催内容】
プロボノチャレンジに参加してみたい方向けの説明会です。
「プロボノチャレンジはいつ、何をするの?」を詳しく知ることができます。

【対象】
企業等に勤務している方、個人事業者、公務員、アクティブシニアの方など

【申込期限】 7月13日(火)

参加申し込みは、こちらをクリックして申込みフォームからどうぞ。

あおもりプロボノセミナー2020~仕事の経験で社会貢献!~

 認定NPO法人サービスグラントの嵯峨代表理事を講師にお迎えし(オンライン対応)、約20名の方に御参加いただきました。

実施概要

【開催日時】
令和2年7月3日(金) 18時30分~20時

【開催場所】

観光物産館アスパム 5階 白鳥(青森市安方1丁目1番40号)

【開催内容】

[講演]
 「人生100年時代」の社会参加ことはじめ
〈講師〉認定NPO法人サービスグラント 代表理事 嵯峨生馬氏

 「人生100年時代」の社会参加ことはじめ

プロボノ普及の第一人者、認定NPO法人サービスグラントの嵯峨代表理事から、プロボノについての基礎知識、青森プロボノチャレンジのこれまでの実績などについてお話いただきました。

プロボノとは
コロナ禍により、東京在住の嵯峨氏にはzoomを使ってリモート講義をしていただきました。
写真は、プロボノについて説明しているようす。
「プロボノとは、専門的なスキル・経験等をボランティアとして提供し、社会課題の解決に成果をもたらすことを意味します。」
「”プロ”というと、プロフェッショナルを連想する方が多いのですが、プロボノの語源はラテン語で、日本語に訳すと「公共善のために」。ご自身のこれまで培ってきた仕事の経験・スキルを、よいことのために使っていただくという意味です。」
ボランティアに参加しない理由
「プロボノ参加者の半分くらいは、過去にボランティア経験のない方です。」
「経験したことのない方に、なぜ地域活動に参加しづらいのか聞いてみると、「いったん始めるといい加減なことはできない」という回答が実は多いんです。」

「プロボノチャレンジは、関わる時間も週3時間~5時間程度で、青森の場合は期間も2カ月と定められています。また、チームでチャレンジするので、一人では気が引けるという方にもおすすめできるし、仲間で相談しながら取り組めます。仕事をしながらでも関わりやすい仕組みにしています。」

「参加した方の大半の方が「良かった」、「また参加してみたい」という感想をいただいています。また、参加したことによって、「人間的成長につながった」、「NPOに対する見方・考え方が変わった」、「仕事に生かせる有意義な経験ができた」という声があります。」

「NPOの組織構造は、会社のようにピラミッド構造ではなく、フラットな組織であることが多く、登場人物が多いという特徴があります。組織が必ずしも一枚岩でない場合があります。」

「また、サービスを提供してその対価を得るというシンプルなビジネスモデルではなく、サービスの提供先が対価を支払うことができないということがままあるので、支援者、寄付者が必要になってきます。そのため、財政基盤の弱い団体が多くあります。」

「NPO、地域活動というところに入るのは、なかなか普段の職場と違う雰囲気なので、そういうところに少し関わっていただくのもいいかと思います」

◇このほか、青森プロボノチャレンジについて、2年間の実績について御紹介。今年は、ふるさとプロボノということで、東京など首都圏在住のプロボノも一定数募集する予定ということでお話を締めくくりました。

関連ページ

〇 青森プロボノプロジェクト(メインページ)

〇 公務員プロボノセミナー

〇 企業向けセミナー

〇 ボランティア・NPOのひろば(青森県ホームページ内)

〇 FacebookあおもりNPOガーデン

〇 認定NPO法人サービスグラント(青森プロボノプロジェクト企画・運営)

<青森プロボノプロジェクトについてのお問い合わせ>
青森県環境生活部県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
TEL 017-734-9208
FAX 017-734-8046
メール npo@orel.aomori.lg.jp

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

県民生活文化課 文化・NPO活動支援グループ
電話:017-734-9208  FAX:017-734-8046

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter