ホーム > 組織でさがす > 環境生活部 > 青森県環境保健センター > 稲わら焼却調査

更新日付:2017年1月26日 青森県環境保健センター

稲わら焼却調査

 津軽地方では、稲刈り、脱穀が終わった後に出る稲わらを焼却している地域があります。毎年9~10月に集中するこの稲わら焼却で生ずる煙によって、健康被害や交通障害が懸念されます。
 青森県では、稲わら焼却の環境大気への影響を調査していますが、稲わら焼却が行われていないと考えられる時間帯と比較すると、浮遊粒子状物質や窒素酸化物等の濃度が高い値を示しています。
集計結果 →環境保全ページ「各種調査・測定データ」
 http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/inawara-osen.html

  • 環境保健センターのトップ画面へ戻る
  • 公害部のトップページに戻ります

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

電話:017-736-5411  FAX:017-736-5419
メールアドレス:

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度