ホーム > ようこそ知事室へ > 議会での提案説明 > 第309回定例会追加提出議案知事説明要旨(令和4年2月)

関連分野

更新日付:2022年3月7日 財政課

第309回定例会追加提出議案知事説明要旨(令和4年2月)

 ただいま上程されました追加提出議案の主なるものについて、その概要を御説明申し上げ、御審議の参考に供したいと思います。
 まず、議案第六十号「令和三年度青森県一般会計補正予算案」について御説明申し上げます。
 今回の補正予算は、新型コロナウイルス感染症に係る検査体制及びワクチン接種体制の確保に要する経費、下北地域におけるコロナ離職者に対する雇用・就業機会の創出に要する経費、県管理道路等の除雪に要する経費等について、それぞれ所要の予算措置を講ずることとしたほか、県税市町村交付金、青森県特別保証融資制度貸付金、現年発生災害復旧費等について、増減額の調整を行うことといたしました。
 また、県有施設の老朽化対策等に係る後年度負担の軽減を図るため、公共施設等整備基金に積立てを行うとともに、「青森県基本計画『選ばれる青森』への挑戦」に基づく諸施策の着実な推進等を図るため、地域振興基金に積立てを行うのに要する経費について、それぞれ所要の予算措置を講ずることといたしました。
 その結果、今回の補正予算額は、歳入歳出とも四十億七千二百五十万円余となり、これと既決予算額及び今定例会に既に提出しております補正予算額とを合計いたしますと、令和三年度青森県一般会計の予算規模は、八千二百八十七億五千五百九十万円余となります。
 歳入については、歳出との関連等において、国庫支出金、繰入金、諸収入、県債等について、それぞれ増減額を調整のうえ計上したほか、財政調整基金からの繰入金二十五億円及び臨時財政対策債九十一億円を減額計上するとともに、県税百二十一億二千六百八十万円余、地方譲与税六十二億八千三百九十万円余及び普通交付税百四十六億七千九百十万円余を計上いたしました。
 以上が、「令和三年度青森県一般会計補正予算案」の概要であります。
 このほか、上程されました議案の主なるものについて御説明申し上げます。
 議案第六十一号から議案第七十五号までは、特別会計及び企業会計の予算補正に係るものであります。
 議案第七十八号「権利の放棄の件」は、公益財団法人二十一あおもり産業総合支援センターが、地元経済界主導による本県初の地域ファンドとして平成十九年六月に創設されたあおもりクリエイトファンドに対し県の貸付金を原資として出資していたところ、同センターから、出資金消費貸借契約に基づく貸付金の償還について請求権の放棄に係る請求があったことを受け、その内容を慎重に検討した結果、今回の請求権の放棄に係る請求は、同ファンドが適切に運用されたにもかかわらず、清算結了までの分配金額が当該出資金の額を下回ったことによる差額について行われたものであり、同センターの責めに帰することができないこと等を考慮し、結果として県民負担が生じることについては誠に申し訳なく思うところでありますが、当該請求に応じることとし、貸付金の償還に係る請求権を放棄するものであります。
 その他の議案については、各議案の末尾に記載されている提案理由のとおりであります。
 以上、提出議案の概要について御説明申し上げましたが、議事の進行に伴い、御質問に応じ、本職をはじめ関係者から詳細に御説明申し上げたいと思います。
 なにとぞ、慎重御審議のうえ、原案どおり御議決を賜りますようお願い申し上げます。

過去の議会説明要旨

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter