ホーム > ようこそ知事室へ > 知事記者会見録 > 平成29年度11月補正予算案について[臨時]

平成29年度11月補正予算案について[臨時]

会見日時:平成29年11月20日月曜日 13時30分~13時35分まで
会見場所:第三応接室
会見者:三村知事

〇知事
 来る11月22日に開会される県議会第292回定例会に提出を予定している補正予算案につきまして、お手元の資料「平成29年度11月補正予算案について」に基づきご説明いたします。

 「補正予算の概要」についてであります。
 今回の補正予算は、地域における医療及び介護の総合的な確保を図る事業の実施及び支援のための基金の造成に要する経費、東北観光復興対策交付金を活用した事業の実施に要する経費、県税収入に応じて交付する市町村交付金等に要する経費等について、それぞれ所要の予算措置を講ずることとしたほか、職員の給与関係費について、既計上額の精査による所要額を計上することといたしました。
 また、公共工事の施工時期の早期化及び平準化を図るため、社会資本整備総合交付金事業及び県費単独事業の早期発注に係る所要の債務負担行為を設定することといたしました。

 次に、「一般会計予算の規模」についてであります。
 今回の補正予算額は、9億812万8千円となります。これを現計予算額に加えますと、平成29年度一般会計の予算規模は、7,244億3,234万7千円となり、これを、前年度同時期の予算規模と比較しますと、0.9%の増となっています。

 補正予算の歳出の主なものの概要については、2ページ以降に詳細な説明がありますので、よろしくお願いします。

 私からは、以上であります。

〇記者
 観光国際戦略局の「あおもり観光コンテンツ集中発信事業費」が新規で計上されており、新たな観光客層の獲得に向けた動画配信等による情報発信を行うこととされていますが、どういった内容でしょうか。

〇誘客交流課長
 ご存知のとおり、今年度は、5月から中国天津線が就航し、10月末から韓国ソウル便が週3便から週5便へ増便となり、そして11月3日から台湾定期チャーター便が就航いたしました。今年の冬は、かつてないほどインバウンドのお客さまにお出でいただきます。
 この流れをさらに加速するために、今までのパッケージツアー、団体旅行客に加え、個人旅行客も増やさなければならないということで、そのような新しい観光客層の底上げのため、動画を使って、世界各国へ情報発信していくものとなっています。

過去の記者会見録

平成28年度  平成27年度  平成26年度  平成25年度  平成24年度  平成23年度  平成22年度  平成21年度  平成20年度  平成19年度  平成18年度  平成17年度  平成16年度 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter