ホーム > ようこそ知事室へ > 知事記者会見録 > 平成24年11月19日 臨時会見/平成24年度11月補正予算案について

平成24年11月19日 臨時会見/平成24年度11月補正予算案について

会見日時:平成24年11月19日月曜日 14時から14時5分まで
会見場所:第三応接室
会見者 :三村知事

○知事
 来る11月22日に開会されます県議会第272回定例会に提出を予定しております補正予算案につきまして、お手元の資料「平成24年度11月補正予算案について」に基づき御説明いたします。 

 まず「補正予算の概要」についてでございます。
 今回の補正予算は、去る10月9日に県人事委員会から提出されました「職員の給与等に関する報告及び勧告」に基づいて実施する職員の給与改定に要する経費について、現計予算に計上しております給与関係費との増減調整を行ったうえで所要額を計上することといたしました。また、知事等の特別職の職員及び県議会議員の期末手当については、一般職員に準じ支給割合を引き下げることといたしております。なお、職員等の給与改定に要する経費には、12月の支給に係る期末手当の改定経費が含まれ、給与改定に係る条例案と併せて御審議していただく必要がありますことから、給与関係費に係る補正予算を他の補正予算と分離して、補正第2号として提案することといたしております。
 また、公共事業等について、国からの割当見込額等に基づき事業費の補正を行いますとともに、東日本大震災復興交付金基金の積立てに要する経費、ひとり親家庭等の在宅就業機会の拡大に要する経費、八戸地域における医療産業クラスターの形成に向けた調査・検討に要する経費等について、それぞれ所要の予算措置を講ずることといたしましたほか、公共工事の施工時期の早期化及び平準化を図るため、県費単独事業の早期発注に係る所要の債務負担行為、いわゆるゼロ県債でございますが、それを設定することといたしました。
 さらに、鉄道施設事業特別会計において、青い森鉄道の指定管理者による施設の保守管理に要する経費について、所要の債務負担行為を設定することといたしました。

 次に「一般会計予算の規模」についてでございます。
今回の補正予算額は、給与関係費に係る補正第2号が33億6,863万5千円の減額となり、給与関係費以外の経費に係る補正第3号が9億38万8千円となります。これらを現計予算額に加えますと、平成24年度一般会計の予算規模は7,147億2,617万6千円となり、これを前年度同時期の予算規模と比較いたしますと、9.1%の減となっております。
 補正予算の歳出の主なるものの概要につきましては、3ページ以降に御説明しておりますので、よろしくお願いします。
 なお、政府におきまして、去る10月26日に閣議決定されました経済危機対応・地域活性化予備費等の使用及び11月16日に閣議決定されました衆議院議員総選挙等に対する予算的な対応につきましては、現在準備を進めているところでございます。
 以上、報告とさせていただきます。

○記者
 経済対策等に関しては、今の議会に追加提案するということで準備を進めているという解釈でよろしいですか。

○知事
 はい。衆議院議員総選挙等に関するものと一緒に、追加提案するという意味です。

-以上-

過去の記者会見録

平成24年度  平成23年度  平成22年度  平成21年度  平成20年度  平成19年度  平成18年度  平成17年度  平成16年度 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter