ホーム > ようこそ知事室へ > 知事記者会見録 > 平成23年9月20日 臨時会見/平成23年度9月補正予算案について

平成23年9月20日 臨時会見/平成23年度9月補正予算案について

会見日時:平成23年9月20日(火)15時50分から15時55分まで
会見場所:第三応接室
会見者 :三村知事

○知事
 来る9月22日に開会されます県議会第267回定例会に提出いたします補正予算案についてご説明をいたします。
 はじめに、「補正予算の概要」についてです。
 今回の補正予算は、「東日本大震災」生活再建・産業復興対策関連経費について、所要の予算措置を講ずることとしたほか、公共事業及び国庫補助事業等について、国からの割当見込額等に基づき事業費の補正を行いますとともに、当初予算編成後の事態の推移等に対処し、三次医療圏に係る地域医療再生計画に基づく事業の実施及び支援に要する経費等について、それぞれ所要の予算措置を講ずることといたしました。
 次に、「一般会計予算の規模」についてです。
 今回の補正予算額は、70億7,481万2千円となります。これと、現計予算額とを加えますと、平成23年度一般会計の予算規模は、7,577億5,829万6千円となります。これを、前年度同時期の予算規模と比較しますと、7.2%の増となります。
 「補正予算の歳出」についてご説明いたします。
 一般会計補正予算総額70億7,500万円のうち、「東日本大震災」生活再建・産業復興対策関連経費として49億1,800万円、震災対策以外の経費として21億5,700万円を計上いたしております。
 はじめに、震災関連経費についてご説明をいたします。
 今回の歳出予算としては、先ほど申し上げました一般会計予算に、特別会計分20億4千万円及び企業会計分5千万円を加えた、総額70億1千万円を計上いたしております。
 まず、「生活再建対策」として、被災者生活再建支援基金への出資など、被災者生活支援対策に総額15億4,600万円を計上いたしました。
 次に、「産業復興対策」として、農林水産業の復興対策に18億400万円、中小企業の復興対策に20億4,400万円、観光産業の復興対策に500万円の総額38億5,300万円を計上いたしました。
 また、「インフラ復興対策」として、県土保全・物流基盤施設の復旧に6億9,500万円、農林水産業基盤施設の復旧に7億8,800万円、その他インフラ施設の復旧に1,300万円の総額14億9,600万円を計上いたしました。
 この他、原子力安全対策として、環境放射線等の調査体制を強化するための機器整備に1億1,200万を計上いたしております。

 以上の結果、「東日本大震災」生活再建・産業復興対策関連経費の総額は、これまでの既決予算額と合わせて、741億6,000万円となります。
 次に、震災対策以外の経費として、三次医療圏に係る地域医療再生計画関連経費、県立医療療育センターの改修・増築、青森・佐井航路の維持に要する経費等、総額21億5,700万円を計上いたしております。
 以上です。


-以上-
(記録:財政課)

過去の記者会見録

平成21年度  平成20年度  平成19年度  平成18年度  平成17年度  平成16年度 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter