ホーム > ようこそ知事室へ > 知事記者会見録 > 臨時会見/平成16度一般会計補正予算(専決第1号)について

臨時会見/平成16度一般会計補正予算(専決第1号)について

会見日時:平成16年10月12日(火)15時00分〜15時05分
会見場所:第三応接室
会見者 :三村知事

○知事
 去る9月29日から30日にかけての台風第21号及び前線による大雨災害に係る災害対策関連経費について、本日、補正予算を専決処分いたしましたので、その内容をご説明いたします。

 まず、この度の災害により被害を受けられた皆様に対し、心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早く安定した生活に戻られるようお祈りいたします。
 今回の災害による被害総額は、10月12日現在、56億円余に達したところであり、家屋の床上浸水、りんごなどの農林関係、河川・道路などの県土整備関係など広範囲で被害が発生したところであります。特に、りんごにつきましては、岩木川流域と馬淵川流域において、樹冠浸水などの被害を受け、その被災面積が524ヘクタールにのぼっており、流入した雑物の除去と徹底した園地の洗浄によって、被災したりんご園地の生育環境を速やかに確保し、病害虫のまん延防止と産地全体の環境保全を図ることが必要であると考えています。このため、今回の補正予算は、樹冠浸水したりんご園地において、被害を受けた農業者が行う生育環境確保に要する経費について、所要の予算措置を講ずることとしました。

 今回、専決処分した補正予算の額は、1,360万7千円であり、また、補正予算の財源としては、普通交付税を計上しております。
 次に、補正予算の歳出の概要を申し上げます。樹冠浸水りんご園地復旧緊急対策事業費補助は、樹冠浸水により被害を受けたりんご園地の生育環境確保を図るため、流入した雑物の除去や園地の洗浄作業に要する経費に対して助成するものです。
 これにつきましては、早急に予算措置を講ずる必要がありましたので、専決処分による予算補正を行ったものです。
 このほか、道路・河川等の公共土木施設災害や農地及び農業用施設災害等については、既決予算により復旧工事等を実施することとしております。私からは以上であります。

○幹事社
 何かありますでしょうか。

○記者
 今回の災害対策として、これ以外に検討しているものはありますか。

○知事
 専決は、これですべてです。

−以上—

過去の記者会見録

平成16年度 

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter