ホーム > アナタの声を県政へ > わら焼き防止のための標語の募集等について

関連分野

更新日付:2021年7月26日 

わら焼き防止のための標語の募集等について

受付年月日
分野 事業
2021年5月27日 農林水産 県政・わたしの提案

提言内容

 今年も田植えが順調に進んでいるが、稲刈り時期になると例年のように稲わら焼きが始まると推測される。わら焼き禁止を頻繁に呼びかけているにも関わらず、遵守していない方々がいる。わら焼きは、車の運転の視界障害や喉への悪影響、呼吸器系罹患者の悪化の懸念のほか、地球温暖化防止への逆行行為だと思う。現在もわら焼きを続ける方々は、稲作はこのようなものだと教わってきたため、変更することは容易ではないと思う。
 そこで、次世代を担う若者(高校生、中学生、小学生、園児等)を対象としたわら焼き禁止の標語の募集を行ってはどうか。また、若者にわら焼き防止方策の提案募集を行ってはどうか。

提案への回答

 稲わらの焼却は、法律上、農業を営むためにやむを得ないものとされていますが、青森県では、煙による健康や環境、交通などへの影響が懸念されることから、平成22年6月に「青森県稲わらの有効利用の促進及び焼却防止に関する条例」を制定し、農業者が稲わらの有効利用の促進を妨げる焼却等を行わないよう努めなければならないことを規定しています。
 県では、稲わらの利用促進を目的に稲作農家と稲わらを求める畜産農家のマッチングを行い、県内外への広域流通に取り組んでいるほか、稲わらの収集面積の拡大に努めています。また、市町村等と連携しながら焼却が見られる地区を重点的に巡回指導するほか、農業者に対して個別指導等を実施し、稲わらの焼却防止に努めているところです。
 御提案いただいた「標語の募集」等については、貴重な御意見として、関係者で情報共有し、今後の施策に反映できないか検討させていただきます。

担当部署
農林水産部 食の安全・安心推進課

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課 広聴グループ
電話:017-734-9138  FAX:017-734-8031

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter