ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 財政課 > 青森県中期財政見通し【平成15年度~平成19年度(H14.9策定)】

更新日付:2007年7月1日 財政課

青森県中期財政見通し【平成15年度~平成19年度(H14.9策定)】

試算の考え方

 「青森県中期財政見通し」は、平成15年度当初予算編成方針の策定に当たり、今後の予算編成や中期的な財政運営の健全化への検討の手がかりを示すとともに、この公表を通じ県民の皆様に本県財政の現況への御理解を深めていただき、より透明性の高い財政運営に努めるために作成しているものです。

 今回の試算は、昨年までに公表した中期財政見通しと同様に、直近年度(平成14年度)の当初予算の数値を基礎として、平成15年度以降の5年間について、これまでの本県における歳入歳出予算の動向、現行制度や現在の施策・投資水準等により、一定の仮定のもとに算出しています。

 また、歳入の大宗を占める県税や地方交付税等については、最近の経済情勢やそれを受けての税収動向を勘案し、「構造改革と経済財政の中期展望」(平成14年1月閣議決定)に基づき作成された国の「平成14年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算」(平成14年2月)の経済指標により試算しています。

 なお、この試算値は、今後の経済情勢や地方財政制度の動向等、試算の前提に応じ変化するものです。

中期財政見通しの概要

 今回の中期財政見通しの試算結果(表1)については、最近の経済情勢やそれを受けての税収動向により、歳出の伸びに対して歳入の伸びが小さく、収支が悪化する傾向となっていますが、昨年までに公表した中期財政見通しとの比較では、「歳出抑制効果把握のためのひとつのシミュレーション」の試算結果も踏まえた具体的な目標を設定したうえで予算編成を行うなど、これまでの財政の健全性確保の取組みにより、財源不足額の見通しは小幅ながらも縮減が図られたものとなっています。
財源不足額の状況(中期財政見通し)
中期財政見通しと当初予算編成の状況(財源不足額)

表1

中期財政見通し(一般会計ベース)

推計方法

推計方法

歳出抑制効果把握のためのひとつのシミュレーション

 一定の歳出抑制策がどの程度財政の収支改善に寄与するかを把握するため、これまで公表してきた中期財政見通しと同様に、一部の歳出項目について仮の削減条件を設定し、本県の中期財政見通しをシミュレートしました。
 このシミュレーションの試算結果(表2)では、今後5年間の財源不足額は大幅に減少することとなるものです。
シミュレーション

表2

歳出抑制効果把握のためのひとつのシミュレーション

今後の財政運営について

 これまで、各年度の予算編成において、「歳出抑制効果把握のためのひとつのシミュレーション」(以下「ひとつのシミュレーション」という。)も踏まえた歳出抑制策を講じてきた結果、基金残高が底をつく年度が毎年延びるなど、一定の成果をあげてきました。

 しかし、各年度の財源不足額は、「ひとつのシミュレーション」の試算結果に沿って推移してきており、引き続き、一定の歳出抑制策を講じても、基金残高は確実に減少を続け、5年後の平成19年度にはほぼ底をつくものと見込まれます。
 また、近年、シミュレーション期間中の最終年度(5年度目)における基金残高が、毎年、減少しており、今後は、シミュレーション期間内において、収支の均衡が図られなくなることも想定されます。

 このため、平成15年度までに、財政の健全性確保のための具体的な取組課題と取組方針等を内容とする中期的な財政運営方針を策定し、中期的視点で財政の健全性を確保していきます。
基金残高の状況(ひとつのシミュレーション)
ひとつのシミュレーション作成時における基金残高の状況

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

総務部 財政課 予算グループ
電話:017-734-9036  FAX:017-734-8002

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度