ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 財政課 > 青森県中期財政見通し【平成13年度~平成17年度(H12.9策定)】

更新日付:2007年7月1日 財政課

青森県中期財政見通し【平成13年度~平成17年度(H12.9策定)】

試算の考え方

 この「青森県中期財政見通し」は、平成13年度当初予算編成方針の策定に当たり、今後の予算編成や中期的な財政運営の健全化への検討の手がかりを示すとともに、この公表を通じ県民の皆様に本県財政の現況への御理解を深めていただき、より透明性の高い財政運営に努めるため、昨年9月に公表した中期財政見通しの考え方をもとに、平成12年度当初予算編成の結果等を踏まえて見直したものです。

 今回の試算は、平成12年度当初予算(公債費等については国の公共事業等予備費配分に基づく補正予算の数値を反映)の数値を基礎として、平成13年度以降の5年間について、大蔵省の「財政の中期展望」(平成12年2月)やこれまでの本県における歳入歳出予算の動向を参考に、現行制度や現在の施策・投資水準を前提に、一定の仮定のもとに見通したものであり、また、この試算数値は、今後の経済情勢や地方財政制度の動向等、試算の前提に応じ変化するものです。

中期財政見通しの概要

 本県の中期財政見通しの試算結果は、表1のとおりであり、昨年9月の中期財政見通しと比較して、今後の各年度で見込まれる財源不足額に対して基金で対応可能な期間が1年延長され、同時期5年間(12年度~16年度)の財源不足総額について、約420億円の改善が図られています。

 これは、今回見直した中期財政見通しの試算数値の基礎となる平成12年度当初予算において、県税収入の改善や歳出抑制の取組みなどの財政運営努力により、昨年9月の中期財政見通しで見通された財源不足額について、約109億円の圧縮を図ったことによるものです。

表1

中期財政見通し(一般会計ベース)

推計方法

推計方法

歳出抑制効果把握のためのひとつのシミュレーション

 昨年9月の青森県中期財政見通しにおいて、一定の歳出抑制策がどの程度財政の収支改善に寄与するか把握するため、一部の歳出項目について仮の削減条件を設定して本県の中期財政見通しのシミュレーションを示しましたが、同様に仮の削減条件により、本県中期財政見通しをシミュレートしました。

 このシミュレーションの試算結果では、今後5年間の財源不足総額は約2,157億円から687億円へと大幅に減少することとなるものです。

表2

歳出抑制効果把握のためのひとつのシミュレーション

中期財政見通し試算総括

中期見通し総括
 中期財政見通しで見通される財源不足額については、各年度の予算編成過程の中で総合的に検討していくこととなるものでありますが、今後の財政運営の基本的方向として、各年度の財源不足額の計画的な圧縮・解消に努めつつ基金残高を一定規模確保すること、及び、将来の財政の硬直化を回避する観点から、県債の適切な規模での活用を図ることとし、その達成のため施策の優先度・重要度に配意した「選択の視点」を重視しながら、引き続き、本県財政の健全化・対応力の確保を図って参ります。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

総務部 財政課 予算グループ
電話:017-734-9036  FAX:017-734-8002

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度