ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 青森県の伝統工芸品

更新日付:2021年3月26日 地域産業課

青森県の伝統工芸品

津軽竹籠 (つがるたけかご) Tsugaru Bamboo Baskets

津軽竹籠
りんご畑から生まれた丈夫で軽く実用性の高い「津軽竹籠」

竹籠を作る技術は約200年前に遡るが、今日のように多量に生産されるようになったのは、津軽地方がりんごの産地として定着し、作業用の手籠が作られるようになってからである。
岩木山麓や八甲田山麓で採取される丈夫で耐久性に優れた根曲竹を用いて作られる津軽竹細工は、他産地の竹製品とは異なり、六角目などの大まかな編み目で、しなやかさ、軽さと丈夫さが特徴である。
現在では丸碗かごや果物皿など大きさや用途に応じて様々な商品が作られている。



Robust and highly-practical “Tsugaru Bamboo Baskets” straight from the apple orchard

Although this craft dates back almost 200 years, these baskets were only first produced in large quantities for use in apple orchards when Aomori became a major apple producer.
At the base of Mts. Iwaki and Hakkoda, a very pliable and sturdy variety of bamboo is used to create this Tsugaru craft. Differing to other bamboo products, these baskets are distinguished by their large hexagonal weave pattern.
Depending on the size and use, various products are currently made by this method, such as bowl-shaped or fruit baskets.
【県の指定年月】 平成8年3月
【主な製品】 りんご手籠・野菜籠・椀籠・果物籠
【主な製造工程】 竹採取→四つ割→編み→完成
【問い合わせ先】
三上 司 036-1314 青森県弘前市大字八幡字古喜田51-4
0172-82-3054

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度