ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 青森県の伝統工芸品

更新日付:2020年3月3日 地域産業課

青森県の伝統工芸品

津軽びいどろ (つがるびいどろ) Tsugaru Glassware

津軽びいどろ
青森の移りゆく四季を色とりどりの表情で魅せる「津軽びいどろ」

津軽びいどろは陸奥湾近辺で作られていた漁業用浮玉の製法を応用して作られるようになったガラス工芸品である。津軽半島の西側にある七里長浜の砂を材料に、古来からある難易度が高い「宙吹き」の技法を用いて生み出されたのが始まりである。
1500度の高温で材料を溶解し、成形温度1200度という灼熱の中で真っ赤に溶けたガラスは、吹き棹に巻き取られ職人に息を吹き込まれることによって、豊かなかたちと色合いを持った工芸品に姿を変える。現在では従来の緑色だけでなくピンク・赤・黄・白などカラフルで実用的な商品が作られている。



Tsugaru Glassware - expresses the changing Aomori seasons with a multitude of colors

This glassware, referred to as "vidro," meaning glass in Portuguese, was originally created from the glass buoys used for fishing in the vicinity of Mutsu Bay. Made with sand from the Shichirinaga-hama shore on the western coast of Tsugaru Peninsula, this glassware was originally created by using an ancient and highly-difficult glass-blowing technique.The glass is first fired at 1500 degrees, and then again at 1200 degrees, when it begins to take shape. After the second firing, the red-hot glass is taken out of the oven and blown again by filling the rod, to which the glass is attached, with air to force the glass to expand. At that stage, the glassware takes on its final form. Practical glassware products are currently available in a wide range of colors including the standard color of green as well as pink, red, yellow, and white.
【県の指定年月】 平成8年3月
【主な製品】 花瓶・冷酒用徳利・ワイングラス
【主な製造工程】 材料調合→溶解→宙吹き→徐冷→仕上げ→完成
【問い合わせ先】
北洋硝子株式会社 038-0004 青森県青森市富田4-29-13
017-782-5183

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度