ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 青森県の伝統工芸品

更新日付:2020年3月4日 地域産業課

青森県の伝統工芸品

温湯こけし (ぬるゆこけし) "Nuruyu" Kokeshi Dolls

温湯こけし
曲線美豊かな津軽系こけしの祖「温湯こけし」

津軽系こけしの発祥地である黒石市温湯温泉。大正時代の初めに、津軽系こけしの創始者である盛秀太郎が温湯温泉でこけしを作り始め、現在はこけし工人が集まって「津軽こけし工人会」を結成し、伝統と新しさを見据えたこけし作りが続けられている。東北地方には数多くのこけし産地があるが、胴に描かれるアイヌ模様、眉を吊り上げてにらみをきかせるダルマの顔、すそ広で膨らんだ胸と極端な腰のくびれなどが、温湯こけしならではの特徴である。また胴体の模様には、津軽藩の家紋から取り入れたといわれる鮮やかな牡丹の花も使われている。



“Nuruyu” Kokeshi Dolls - the forerunner of beautifully curvy Tsugaru kokeshi dolls

Tsugaru Kokeshi dolls originated in the onsen (hot springs) area of Kuroishi City. At the beginning of the Taisho period (1911-1925), the first creator of Tsugaru kokeshi dolls, Mori Hidetaro began making these dolls in the "Nuruyu Onsen" area. Currently, kokeshi doll artisans have gathered together to form the "Tsugaru Kokeshi Artisans Group," which focuses on continuing to create traditional, and new types of dolls.
These are many types of kokeshi dolls in the Tohoku region, and the Nuruyu stand out from amongst the rest with their ‘ainu’ patterns, including the upturned eyebrows and menacing ‘daruma’ faces, painted on the body, as well as the wide chest and rounded waists. The designs on the body of the dolls are also said to be of the Tsugaru clan's family crest, featuring the bright-colored peony flower.
【県の指定年月】 平成8年3月
【主な製品】 こけし・ダルマ
【主な製造工程】 木地挽き→ロクロ線入れ→模様付け→顔描き→ロウ挽き→完成
【問い合わせ先】
津軽こけし工人会 036-0412 青森県黒石市大字袋字富山72-1
0172-54-8181

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度