ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 青森県の伝統工芸品

更新日付:2020年3月4日 地域産業課

青森県の伝統工芸品

ねぶたハネト人形 (ねぶたはねとにんぎょう) Nebuta Haneto Dolls

ねぶたハネト人形
今にも動きだしそうな躍動感あふれる人形「ねぶたハネト人形」

「青森ねぶた祭り」は人形型の灯籠を台車に乗せて町を練り歩く青森市の伝統的な祭りである。中でも勇壮な太鼓や笛の囃子に「ラッセラー、ラッセラー」と声を合わせ、ねぶたの前を華麗に踊り跳ねる跳人(ハネト)の姿は、北国の夏の風物詩である。
ねぶたハネト人形は、青森ねぶた祭りで躍動するハネト姿をかたどったものである。イ草や浴衣地などを原材料に、頭の笠から足先まで一つ一つ手作業で細部に至るまで丁寧に作られている。今にも動きだしそうなハネトの表情は一体として同じものはない。


Vibrant and lively Nebuta Haneto Dolls which look set to move at any time

The Aomori Nebuta Festival is a traditional festival of Aomori City, where floats with hanging doll-shaped lanterns are paraded through the streets. At the festival, ‘Haneto’ (dancers), jump and dance in front of the Nebuta float with shouts of "Rassera, rassera" to the accompaniment of lively drums and flutes, giving a poetic charm to summer in the northern regions.
Nebuta Haneto dolls were created in the image of Haneto, who perform lively dances at the Aomori Nebuta Festival. The dolls were carefully created by hand from their hats to their toes, using rush grass and cloth for yukata (informal kimono for summer wear) as materials. These dolls, which look like they might move at any time, all have differing expressions.
【県の指定年月】 平成17年3月
【主な製品】 ねぶたハネト人形
【主な製造工程】 笠編み→胴体作り→顔作り→衣装作り→衣装付け→仕上げ→完成
【問い合わせ先】
今井陽子 030-0964 青森県青森市南佃1-16-6
017-742-6459

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度