ホーム > 組織でさがす > 商工労働部 > 地域産業課 > 青森県の伝統工芸品

更新日付:2021年3月26日 地域産業課

青森県の伝統工芸品

南部菱刺し (なんぶひしざし) Nambu Diamond Embroidery

南部菱刺し
ウメノハナ・クルミなどの多彩な幾何学紋様が美しい「南部菱刺し」

今からおよそ200年前八戸を中心とする南部地方で南部菱刺しが生み出された。当時の農民たちは麻や苧麻の着物しか着ることを許されておらず、木綿は糸として使用するものと決められていた。そこで農村の女性たちは補強と保温のために麻に木綿糸を刺して、厳しい北国の生活をしのいできた。この技術が現在まで受け継がれている。
菱刺しの特徴は麻布に綿糸で偶数目を拾って織り成されるウメノハナ・キジノアシなどの横に長い菱型の多彩な幾何学紋様である。
現在では麻地以外に木綿地やウール地も用いられ、ネクタイやタペストリーなど新たな製品にもその技術は応用されている。

“Nambu Diamond Embroidery” characterized by beautiful and colorful geometric patterns such as plum flower and walnut

Nambu Diamond Embroidery originated some 200 years ago in the Nambu Region, chiefly in the Hachinohe area. At that time, farmers only wore clothes made of hemp or ramie, and cloth was used primarily as thread. To survive the harsh living conditions of the north country, women from the farming villages then began to stitch cotton thread into the hemp cloth in necessary places to reinforce the fabric and retain warmth. This craft continues to be produced to this day.
The diamond embroidery is characterized by colorful geometric patterns of long horizontal diamond shapes such as ‘plum flower’ and ‘pheasant feet’, which are made by using even-numbered stitches through the hemp fabric.
Currently, fabrics other than hemp, such as cotton or wool, are used to make new products like ties and tapestries.
【県の指定年月】 平成8年3月
【主な製品】 卓布・前垂れ・のれん・バッグ
【主な製造工程】 麻地の地直し→紋様のデザイン→刺し→仕上げ→完成
【問い合わせ先】
天羽やよい 031-0073 青森県八戸市大字売市字観音下67
0178-46-4662
西野刺っ娘の会 039-1103 青森県八戸市大字長苗代字内舟渡25-1
0178-28-2886
南部菱刺し工房アトリエ縹HANADA 031-0822 青森県八戸町大字白銀町字人形沢6
0178-33-0569
南部菱刺研究会・つづれや 039-1104 青森県八戸町大字田面木字上野平91-7
090-3532-4855
南部ひしざし七戸町保存会 039-2516 青森県七戸町字舘野32-69
0176-62-3033
北向 春枝 039-2136 青森県おいらせ町中下田147-12
0178-56-4107
高橋 博子 039-1513 青森県五戸町字古舘1-7
0178-62-5489

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

地域産業課 地域資源活用推進グループ
電話:017-734-9375  FAX:017-734-8107

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度