ホーム > しごと・産業 > 農業(りんご、特産果樹) > 青森りんごについて知りたいのですが

更新日付:2020年5月27日 

青森りんごについて知りたいのですが

回答

 青森県におけるりんご栽培は、明治8年4月に内務省勧業寮から、りんごの苗木3本が配布され、県庁構内に植えられたのがはじまりです。
 この後、病害虫防除の体系を築き上げた木村甚彌や、第二次世界大戦で荒廃したりんご園を復興させた澁川傳次郎など、先人のたゆまぬ努力により、りんご産業は発展し、平成30年の青森県のりんご生産量は約45万トンで、全国の59パーセントを占め、全国1位となっています。また、平成30年のりんごの産出額は784億円で、品目別では本県農業産出額の第1位となっています。
 本県では、主力のふじやつがる、王林など約50種類の品種を栽培し、非破壊センサーによる選果機や長期貯蔵が可能な冷蔵倉庫の整備・普及により、一年中、おいしいりんごを消費者へ供給する体制を整えています。

関連ホームページ

この記事についてのお問い合わせ

農林水産部 りんご果樹課 企画管理グループ
電話:017-734-9489  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度