ホーム > 私たちの青森県 > 青森県の観光スポット

関連分野

  • くらし

更新日付:2020年6月24日

青森県の観光スポット

図:観光スポット一覧

東青地域

青森ねぶた祭

写真:青森ねぶた
日本を代表する火祭り。
人形ねぶたや大勢のハネトが迫力満点。
(8月2日〜7日)

青森ねぶた祭

八甲田山(はっこうださん)

写真:はっこうださん
最高峰は標高約1,585メートル。
湿原や沼、温泉などが点在。

青森県立美術館

写真:青森県立美術館
青森県に縁のある芸術家の作品が充実、建築そのものも見どころの一つ。

青森県立美術館

特別史跡 三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)

写真:さんないまるやまいせき
日本最大級の縄文時代の遺跡。
縄文人の技術力の高さを実感。

特別史跡「三内丸山遺跡」

青函トンネル記念館

写真:せいかんトンネル記念館
ケーブルカーで海面下140メートルへ。
作業坑の一部が見学できる。

青函トンネル記念館ホームページ

龍飛崎(たっぴざき)

写真:たっぴざき
津軽半島最北端の岬。
年中、風が強く、旅情たっぷり。

中南地域

弘前城・弘前公園

写真:桜が咲き誇る弘前城
弘前城を中心とした公園。
春には約2,600本の桜が咲き誇る。

弘前公園(弘前市役所)

弘前ねぷたまつり

写真:弘前ねぷた
扇ねぷたが練り歩く様は、優美で情緒たっぷり。
(8月1日〜7日)

弘前ねぷたまつり(弘前市役所)

岩木山

写真:りんご畑から望む岩木山
標高1,625メートル。
岩木山を背景にりんごが実る様は、津軽地方の代表的な風景。

三八地域

八戸三社大祭(はちのへさんしゃたいさい)

写真:はちのへさんしゃたいさい
豪華絢爛な山車祭り。
山車に施された様々な仕掛けが楽しみ。
(7月31日〜8月4日)

八戸三社大祭

蕪島(かぶしま)

写真:かぶしま
約3万羽のウミネコが生息。
ウミネコの群れの乱舞は圧巻。

種差海岸(たねさしかいがん)

写真:たねさしかいがん
天然の芝生が波打ち際まで広がる、風光明媚な海岸。

西北地域

五所川原 立佞武多(たちねぷた)

写真:たちねぷた
7階建のビルに相当する高さの立佞武多にびっくり。
(8月4日〜8日)

立佞武多の館

津軽鉄道

写真:津軽鉄道ストーブ列車
「風鈴列車」、「鈴虫列車」、「ストーブ列車」などで有名な、ローカル鉄道。

津軽鉄道株式会社

十二湖

写真:青池
33の湖沼が点在。
中でもコバルトブルーの水をたたえる青池は、神秘的な美しさ。

白神山地

写真:白神山地
世界最大級の原生的なブナが分布。
様々な動植物が生息しており、平成5年に世界自然遺産に登録された。

世界遺産白神山地

暗門(あんもん)の滝

写真:あんもんの滝""
白神山麓の滝。
白神山地のブナ林が貯えた清らかな水があふれ出ている。

上北地域

十和田湖

写真:十和田湖
深く青い水をたたえる二重カルデラ湖。
高村光太郎作の「乙女の像」はシンボル的存在。

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)

写真:おいらせけいりゅう
十和田湖から流れ出す唯一の渓流。
千変万化の美しさ。

下北地域

大間崎(おおまざき)

写真:おおまざき
本州最北端の岬。
「大間マグロ」は全国ブランド。

尻屋崎(しりやざき)

写真:しりやざきのかんだちめ
本州最北東端の岬。
「寒立馬(かんだちめ)」が放牧されている。

仏ヶ浦(ほとけがうら)

写真:ほとけがうら
奇岩が続き、極楽浄土を思わせる景勝海岸。

恐山(おそれざん)

写真:おそれざん
日本を代表する霊場。
イタコの口寄せが有名。

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

観光企画課
電話:017-734-9385  FAX:017-734-8121

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter