ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 医療薬務課 > 青森県地域医療構想

更新日付:2019年2月3日 医療薬務課

青森県地域医療構想

県では、人口減少や高齢化が進展する中、いわゆる団塊の世代が75歳以上となる平成37年(2025年)を見据え、地域の実情や患者のニーズに応じて資源の効果的かつ効率的な配置を促し、高度急性期、急性期、回復期、慢性期、在宅医療・介護に至るまで、一連のサービスが切れ目なく、過不足なく提供される体制を確保することを目的に、「青森県保健医療計画(平成25年4月)」の一部として、平成28年3月30日に「青森県地域医療構想」を策定しました。

1 青森県地域医療構想

2 地域医療構想の推進

病床機能報告制度
病床機能報告制度により、毎年度、医療機関から報告される医療機能別の病床数の集計結果と、地域医療構想で定めた平成37年(2025年)の必要病床数とを比較しながら、病床の機能分化・連携の取組を進めます。
地域医療構想調整会議
県は、構想区域ごとに、地域医療構想調整会議を設置します。
地域医療構想調整会議では、病床機能報告の内容等の情報共有により、地域の医療提供体制の現状や将来の目指すべき姿について、関係者間で共有し、地域医療構想の実現に向けた協議を行います。
地域医療介護総合確保基金
地域医療介護総合確保基金の活用等により、病床機能分化・連携の取組を支援します。
青森県地域医療構想推進研修会
地域医療構想において過剰とされる急性期機能から不足が見込まれる回復期機能への病床機能の転換シミュレーションを通じて、各病院の実務担当者に病院経営戦略立案を学んでもらうことを目的として実施します。

3 参考

(1)青森県地域医療構想策定にあたっての協議・検討の経過については、「青森県医療審議会」のページをご覧ください。
(2)制度の概要及び関係通知等については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

医療薬務課 地域医療確保グループ
電話:017-734-9287  FAX:017-734-8089

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度