ホーム > 組織でさがす > 農林水産部 > りんご果樹課 > りんごで健康

関連分野

更新日付:2022年4月28日 りんご果樹課

りんごで健康

 「1日1個のりんごは医者を遠ざける」といわれるように、りんごには、動脈硬化、肺がん、高血圧など生活習慣病の予防に効果がある「食物繊維」や「カリウム」が多く含まれていますので、毎日1から2個のりんごを食べるようにしましょう。
 特に、丸かじりすると、りんごの皮に多く含まれている「食物繊維」や「ポリフェノール」を無駄なく摂取でき、健康の増進に効果的です。
 また、料理に活用したり、すりおろしたりしても食物繊維の働きは変わらないので、いろいろ幅広く活用できます。

りんごの成分

りんごの果肉100グラム当たりのカロリーは、56キロカロリーです。
りんごにもポリフェノールが多く含まれていることが分かり、注目を浴びています。最近増えている花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑える作用や、肌を白くする作用などが知られていますが、りんごのポリフェノールはりんごの皮に近い成分に多いと言われていますので、りんごの丸かじりをおすすめします。
りんごは水分83.1パーセント、その他果肉100グラム当たり食物繊維1.9グラム、カリウムが120ミリグラム、ビタミンC6ミリグラム等

りんごの幅広い効用

りんごの料理

りんごのタルト・アップルパイなど

りんごの料理2

Aomoriりんご感謝祭における親子りんご料理教室のレシピです。

調理師専門学校考案レシピ1

青森市内の学校法人ケーエム学院青森調理師専門学校が考案したレシピです。

調理師専門学校考案レシピ2

弘前市内の学校法人城東学園弘前ホスピタリティーアカデミーが考案したレシピです。

調理師専門学校考案レシピ3

八戸市内の学校法人林学園八戸調理専門学校が考案したレシピです。

りんごの赤はみんなの愛~りんごで健康な赤ちゃんを~

妊娠中の方や乳幼児がいる御家庭を主な対象として発行している、りんごの健康機能性などを紹介する冊子です。
りんごの赤はみんなの愛(令和4年3月改訂版)PDFファイル[4198KB]

この記事についてのお問い合わせ

りんご果樹課・企画管理グループ
電話:017-734-9489  FAX:017-734-8143

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter