ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 障害福祉課 > 福祉・介護職員処遇改善加算、特定処遇改善加算

関連分野

更新日付:2022年6月3日 障害福祉課

福祉・介護職員処遇改善加算、特定処遇改善加算

令和3年度障害福祉サービス等処遇改善実績報告について
様式エクセルファイル[155KB]を掲載しました。
・令和3年度(サービス提供:令和3年4月~令和4年3月、請求:令和3年5月~令和4年4月、加算受給:令和3年6月~令和4年5月)において本加算を受給した場合は、県障害福祉課へ実績報告書を提出してください。
   提出期限 :令和3年度における最終の加算支払年月の翌々月の末日
※令和3年度における最終の加算支払年月が5月の場合は 令和4年7月29日(金) が提出期限です。

※ご質問は電話ではなく、次の様式によりFAXにて送信してください。 質問票様式はこちらです。
 質問票エクセルファイル[18KB]

(ご注意ください)
 このページには、青森県健康福祉部障害福祉課が所管する指定障害福祉サービス事業者等において算定する福祉・介護職員処遇改善加算等に関する届出書について掲載しております。
 高齢福祉保険課が所管する介護サービス事業者等において算定する介護職員処遇改善加算等に関する届出書と 様式が異なります ので、届出書作成に当たってはご注意ください。

福祉・介護職員処遇改善加算について

 福祉・介護職員処遇改善加算等に関する基本的考え方等については、「福祉・介護職員処遇改善加算等に関する基本的考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示についてPDFファイル[1905KB]」(令和4年3月25日付け障障発0325第1号厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課長通知)(新旧対照表PDFファイル[501KB])及び説明資料「福祉・介護職員等特定処遇改善加算の概要及び計画書のポイント等について」PDFファイル[1410KB]をご覧ください。

計画書(加算の届出)について

 福祉・介護職員処遇改善加算等を取得する場合は、加算を取得する年度ごとに処遇改善計画書等を提出する必要があり、加算を取得しようとする月の前々月の末日(例:4月1日から処遇改善加算を取得しようとする場合は、前年度の2月末日)までに提出する必要があります。
 ただし、 令和4年度当初の特例として、 令和4年4月又は5月から処遇改善加算等を取得しようとする障害福祉サービス事業者等(令和3年度から引き続き取得する事業所等を含む)は、 令和4年4月15日(金)までに、 計画書等を都道府県知事等へ提出するとされました。
令和4年1月17日事務連絡「令和4年度の障害福祉サービス等処遇改善計画書(福祉・介護職員処遇改善計画書、福祉・介護職員等特定処遇改善計画書)に係る届出期限について」PDFファイル[100KB]

実績報告について

 本加算を受給した事業者は、毎事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の末日までに実績報告書を提出する必要があります。
 なお、本加算の算定要件は、賃金改善額が加算による収入額を上回ることであるため、余剰金が発生することは想定されていません。仮に賃金改善額が加算による収入額を下回ることが見込まれる場合は、一時金や賞与として支給し、賃金改善額が加算による収入額を上回るようにしてください。

変更届出について

 処遇改善加算等を取得する際に提出した障害福祉サービス等処遇改善計画書、計画書添付書類に変更があった場合には、変更の届出が必要となる場合があります。その際は変更届出書を提出してください。

変更届出書エクセルファイル[22KB]

届出先について

●指定障害福祉サービス事業所、指定障害児通所(入所)支援事業所→県
※ただし、青森市又は八戸市に所在する指定障害福祉サービス事業所及び指定障害児通所支援事業所分については、それぞれ青森市又は八戸市に届出してください。
 なお、同一法人において、青森市又は八戸市と青森市又は八戸市以外の市町村に所在する事業所が混在している場合は、青森市又は八戸市と県両方に届出が必要です。

●基準該当事業所→市町村
※ただし、同一法人において、指定事業所と基準該当事業所が混在している場合は、県と市町村両方に届出が必要です。


※ご質問は電話ではなく、次の様式によりFAXにて送信してください。 質問票様式はこちらです。
 質問票エクセルファイル[18KB]

関連ページ

この記事についてのお問い合わせ

障害福祉課 障害福祉事業者グループ
電話:017-734-9308   FAX:017-734-8092

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter